最近の真の失望本が多い。

ここ最近、各保持する本を読み始めましたが、本当に残念な本が多い。

著者の方のかっこよさや素晴らしい歩みとは別に本自体の失望とすべきか。本からの著者ポジショニングがあまりにも低水準たり惑世誣民に近いものも多く、 読者ポジショニングを何」のはないが青春の情熱がある」、「何も考えずに生きてきたが、今から何かしてみたい」、「地方大学を出てきたどのようにしようとする」とするのがあまりにも多い。

必ずこのように、上記-下…だから弱く言って「先輩-後輩」にポジショニングをとらなければだけの話になるのか… 本を読む読者は、100をウォンハヌンゲなくぴったり不足1のための本を購入する可能性もあり、立方体のすべての面が知りたいことがなく、ちょうど私は見てなかった一面だけ気になるものもありますが …なぜポジショニングをこのようにして、本のトンエンマナーをその転がすかよく分からない。


私読む本のほとんどのジャンルは企画/マーケティング/組織論/手法/ブランド書籍(ブランド書籍; <オンワード>、<無印良品目に見えないマーケティング>、<ベミンらしさ>等)/ライフスタイル/コミュニティなどの本と、この本を読む読者もそうになろうかと思うのですが(ほとんどが現業従事者or 20代初中盤の青年?)なんか……うーん….(文が間違って配信されないように5ブンチェ言葉選ぶの。 )

うーん…だから読者が、じゃ、私たちが欲しいのは、このようなのですか?私は今言及している、上記のジャンルの本を楽しんで読む人とは、上記のジャンルの本を書くこれら変わらない人々である。なんか既存の定義を借りてください寝る」ビジネスをする人々のコミュニティ」に属する人々であり、私は私の勝手の定義を下すと「世界(or自分)変更したい嘆きキュキュにかかった人々のコミュニティ」に該当する人ですが、このような人々が望むのは、このような人々が欲しい知識は「アプリオリにこう」または「経験的にこうだったので、これからもああすること」に該当する知識がないようだ。いや、ない。

それぞれ皆が自分の道を歩いていきますが、前途や脇道が気になって本を見て見るのではなく、「そのような飼いならされを歩いている人の考えや感じ」が気になって本を覗き込むものである。   すでに…すでにここにいる人々は、各自が自分の道をなぜ歩いているかどうかくらいは十分に知っている人だと思う。

私はこんな時こうした。こんな時こうするのが良い。あるいは数十年から数百年の間たまった知識を使用して「こうだったのでああすること」のような「知識」に該当する話者の必要な事ではない。実際には、このような知識は、すでにまあまあの人なら皆知っていて、知らなくても必要な時にある程度は十分「習得」することができると思った。情報量がそうなったし、技術がそのようになったから。 5年前、いや1年前とも違う。 つまり、事前あれ経験あれ、そのような内容が気になって本を読むのではないようだ。

ただ、私は今歩いている長さ…見てみると砂浜ね。と足プンプン陥る。他の靴新だろうか?ところが私はここの他の靴を履くのが合うだろうか?このような気がするときは、本を通して「ぴったりような悩みをしていた人々が、その悩みをどのように見見たのか、どのように感じたか」、そのようなものを「感じてみよう」の本を読むと思う。砂浜だ歩く大変だから来コンクリートの床に私五十ショー!のような当為の内容を表示本を読むのではない。


話をよくできないハゲトヌンデ..うーん… これ以上の経験の総量の大きな人を追う形の「本選定or本を読む」ではないというか? ただ、私たち(のようなコミュニティ内にあると見たとき)が必要とするのは、同僚と、同僚のアプローチと解決方法を一度見たいだけである。

はい、以前の本を読むには私A企業で働くば、ここで外部の素敵な事例を集めた本や、ここで外部の素晴らしい歯行やり遂げた成果に本を読むであった場合、今の本を読むには、外部ではなく、今では私の隣の席に座ったこれ私の向かいに座ったこれは、ある悩みがあるのか、それをどのように考えるか、どのように解決していくかが気になる本を読むのようだ。

絹私の上に言及したジャンルの本だけでなく、今日の人々の心にたくさん入っているその… <死にたいのトッポッキは食べたい>のような本も、そのような脈絡を提示してくれる本がないかと思う(私の本を読んでは考えていない)。そしてそれを越えて、これらの日のすべてのコワーキングスペースでも鼻ワーキングでも多くのコミュニティにすべて、多単にすべてそのようなもの気になってそのようなものかと思う。

ただ…ただあなたの話を一度聞いてみたい。

程度のスタンスでとる本を読むというか?かといって全く愛情と関心度を尊重する心が低かったり浅い読書がじゃないと。ちょうど私たちは、すでに情報や経験においてあふれる時代のせいにその経験…経験を一度経験し、その「チャンネル(=人)」の話が知りたいことがないかと思う。


ただ…午前に時間出して、各保持する本読む失望本が多くジュジョリジュジョリ。

フェイスブックに、まず投稿記事を移動します。 2018. 10. 29。

Advertisements

Leave a Reply

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.