*考えの流れ通り書いた長い文です。時間がない方は、下から要約された内容だけ見てもされます。

最近YouTubeはまったく、世の中の縮図のようで取りまとめてみる味がする。あらゆる分野では、非常に多様な人々が自分たちの話を広げている。企業、政府、有名人、セレブ、インフルオンソ、一般人など、すべての集団/個人/コミュニティがみんなそれぞれ独自のチャンネルを持って話を解いている。あえて「コンテンツ競争」と表現していない理由は、、コンテンツに「勝負」を見ようと、YouTubeをするよりは、ただ自分自身の話を「盛る」スペースに、YouTubeが、映像が適切なように、そのような意図で、YouTubeをする人が多いと思うから。事実、YouTubeが興っ原因にもこのような後者の近く。見ればそうだ。ユーチューブ「マーケティングチャネル」として活用しようとする企業/政府/いくつかの個人のチャンネルは確かに網たり確かに楽しみがなく、ただ本人がしたいテーマ/トピックの話を盛るところは確かに面白いがあっだんだん栄えている。もちろんYouTubeチャンネルがとても多くなったせいで、確かに昔ほどのサブスクライバが簡単に爆発するのは目に見えませんが、実際にまたそれほどユーザ(=視聴者?、加入者?、YouTube見ている人?)が増えたせいで特に「成長が難しい」は見えない。もちろん私は有チュボではなく単にコンテンツヘビーユーザーである(数年前から、YouTubeを手先槍見てきた人で、その観点から言っていること)。

昔のフェイスブックページで成長が次第スィプドン時代、2010-2015くらい?そのとき、多くのページが栄え、多くの場所が栄えいよいよ「コンテンツ」(あこれ本物コンテンツと書いたいコンテンツとしきりにチックぎこちない。コンテンツも認めてほしい。しくしく)というの人々に認識され始めたが、フェイスブックのアルゴリズムが変わりペブク版ちょっと変質さペブクユーザーが多く離脱したの。

今のYouTubeも若干その兆しが見え長いのに、私の考えで、YouTubeでペブクほどの巨大な離脱が起こるようではない。なぜなら、YouTubeはクリエイターたちにも、視聴者にもまともなメリットを保証してくれば。

考えてみれば非常に単純である。フェイスブックでお金を稼ぐことができますか?正解は、yes。その過程が容易か?正解はno。ユーチューブでお金を稼ぐことができますか?正解は、yes。その過程が容易か?正解は(比較的)yes。過去にFacebook上でページに成長したば今お金を稼ぐことができる要素は、関連ビジネスのためのマーケティングチャネル/広告受信/政府事業の受注/ページ販売(…)程度選り抜き見ることができましたが、最終的にはフェイスブックの成長を一度して、それを他のことで切り替えなければならお金を稼ぐことができる構造であった。それに比べて、YouTubeは?一度広告収入って存在して特別転換が必要ではない。そこに加え、他の広告にも受けることができ、様々な形でコラボレーションが可能である。


さらに、以前にFacebookのページなどで広告受注していた時代には、(フェイスブックページでは、広告受注したことはありません。ただペブクヘビーユーザーに言うこと。(何ヘビーに利用並ん人…オタの基本姿勢。(? )))クリエイター本人の「結」が破損しているコンテンツが多かったが、今のYouTubeは?クリエイターの「結果」とずれた広告は、取り立て制作されていてもいない。最近では、そもそもそのよう要請しなく…

視聴者にはどのようなメリットがあるのか?非常に単純なメリットがある。 「私は視聴した時間がある程度paymentの機能をするということ」そのものだ。私の好きな油チュボがあり、私はこの油チュボのサブスクリプションを押して、この油チュボのコンテンツを見て、この油チュボが「それでもある程度の収益があったりor収益を生み出すこと契機」を得ることになる侯視聴者も「知っているは事実」である。本物特に何のはないのに、そして本物の大きなものもないのに、このようなシステム自体が視聴者に、なんというか…ああ、このような感じを与える。 「私は今日スボクでコーヒー歳の時タンブラーを用いた!!」ないしは「私は昨日の分別する際にボックスだ解体させ、プラスチックやら紙多区分して出した!」のような感じ?何か。視聴者に力…ではなく…うーん… I deserve it。のような感じを与えると言える。いい大きさが言葉一番適している。(もちろん、いくつかの視聴者たちは「サブスクリプションの」および「視聴」が一つの力だと思って、クリエイターに本人の口や「君それではだめ~~」のようなでたらめ威嚇コメントをつけていますが、すぐに自浄作用が起きてだろうと考えている。そして、これは、韓国特有のオンラインコミュニティの文化が合致しながら生じた現象らしい。YouTubeの本社が考える「コミュニティ」ラング韓国オンラインユーザが考える「コミュニティ」ラングはきめがかなり異なっ、YouTube本社側ではまだこんな考慮できなかったよう(もちろん当然のことだがよwww))


何か…昔のカトク+ Googleのドライブに十分な仕事をして、スラック+トレルで+さまざまなドライブに発展をして、今はノション+さまざまなドライブなどの基本的な生産性向上ツールが発展したゴトロム、以前にFacebookで何かをして、インス太郎迷い、今YouTubeの+インスタ概念がされたようだ。

確かに、一般ユーザーの立場では、非常に幸せな世の中だ。コンテンツがこのように溢れなんて!しかも無料です!さらに、私はちょうど「視聴」する時間まで「価値」がある侯このグローバル企業(ユーチューブ)で認めてくれるなんて!そして、私はこれを私のお気に入りのクリエイターに「投資/決済(照会。視聴時間)」というふうに行うことができるなんて!

クリエイターの立場では?少ししまっ数えたが、それでも幸せな世の中であろう推測する。ある程度のルートも単純になり、かつて本当に「私はうまくいけばさ!」が成立されているシステムらであるから。もちろん、本人だけのストーリーとビューを手先槍押し通すか、それとも国民が望んで口に沿って話を設計していくか、本人の好みの分け前だろう。本当に様々な種類の、様々な人々が存在して見たら、コンテンツが本当にあまりにも多様である。これ以上のラベルを無意味なほど?しかし、それにもかかわらず、クリエーターの立場からラベリングは必要ありません。私自身をいくつかの単語や文章で説明するのは非常に重要だから。(もちろん自分自身に対していくつかの時間であり、騒ぐことができる能力も重要である。すべての状況に備えることができなければならないことがポイント)

上記のあえて「単語や文章」と話したのは、今のキーワードやハッシュタグは、その本来の価値を半分失ったからだ。既に看板に「占領」、当該しまった。もちろん、まだそれらを集めて見て、前後に見回して見てみたときに十分意味のある値を取り出すことができるので、「半分」と表現してみる。

はい。最近では、何まとめて表現する方法が本当に重要である。特に最近のように「だから要約ちょっと」と言う10代の多くの世界では、…いや、20代前半くらい?まで「要約ちょっと」というの当たり前に広がっているようだ。常に精錬されたコンテンツを見て生きてきたこれらのだから、当然の要求であり。


だから、私の文章をまとめてみよう?(級仕上げ)事実私ユーチューブしたくて毎日YouTubeの見あれこれ考えていた、それをグローバル少なくこの記事なので…

1.最近のYouTubeのする世界オワタかマインドで自分だけの話を塀か、「トレンド」に合わせて適切によく売れることができる商品のように包装をしたり。

– どのようなこれも多様で….みんなの世話を把握できると考えてパス。

2. YouTubeのアルゴリズムによく含まれることができるように、タイトルと内容をよく計算して入れること。ちょうどそこに本人のアイデンティティをどのように分解するれる非常せ化物。

– 例示チャンネル。慧眼(バトルグラウンド有チュボこの方は、トレンドに合わせた文章だけでタイトルを抜く)。虹niji(五ログ有チュボこの方は、常にすべてのキーワードを考慮したタイトルを書く。タイトルの最後にnijiまで入れるセンス)

3.プレイリストを着実に更新すること。思ったよりプレイリスト「自動再生」する人が多いこと。(第脳ピショルです)

– 例のチャンネル….はウムスム。そのままプレイリストを見てみると、出てくるから笑い

4.編集するには、「よく」編集して、中にはワンテイクですっきり。視聴者を私の「映像」に集中させるか、私の「物語」に集中させるかの違い。

– 例示チャンネル。それぞれの電子後者でkyung6's filmイランJMチャンネル

5.常に、いつも、常に新しいBGMを探してディギンをすること。すでにおなじみのBGMをプログラムは、瞬間視聴者にはone of themになってしまうから。

– 良いBGMを持つチャンネルは、自分知っているよへへ。

6.人々が不思議に値する情報は、必ず、内容(詳細を見る)欄によく書いておくこと。

– 例示チャンネル。 Bubblyバブルリー(五ログチャネルのに詳細ビューを常にコムコム的ウシム)

7.自分がどんな人なのか、把握しやすいようにオフセッティングをしておくこと。特定の習慣を、YouTubeの映像に繰り返し露出させるなど、自分の好みを映像に溶かしておくこと。ように人々があなたの「ラベル」で、検索を開始する。アップロード方式とコメント開閉すること。ライブコミュニケーションの方法などすべてを含む。

– 例示チャンネル。ハンジイasmr(ハンジイチャンネルは本当にハンジイそのもの。映像から表情からコミュニケーションの方法まですべて!)

8.常に自分自身をどんな人だと紹介することができるか、文章に用意しておくこと。最近の「テックユーチュボOOです!」と、その人だけの国内有チュボで本当に有名な人だけでも2-30人を超えていく。自分を紹介する、だから、私のチャンネルがどのチャンネルで私は点を目指すクリエイターのか、文章で紹介することができること。(もちろん映像に本人だけのスタイルを盛るのは必須だからパス)

– 例示チャンネル。トムと私。

7.コンテンツ。だから「物語」の世界は「学問」ではない。ぜひ証明されるか、ぜひ反復可能か、再現可能でなければするのがではなく、絶対的な真理を探す過程でもない。ただ、人になって、物語を、解放いけばされること。

つまり、魅力的な人になって、魅力的な物語を、魅力的に解決していくこと

– 例示チャンネル。一般芸能人が、YouTubeすることに比べ、「ナミチュン」や「シン・セギョン」YouTubeがなぜそのようにふんか疑問に思うこと。(とソプメンはそもそも広告で設計されたのだからパス)

と…多少なくてみる有チュボできないよできゴヨム。 給料が最高だ!


Advertisements

Leave a Reply

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.