私のチャンネル別の通信方式

*この記事は、2019年5月9日、本人のフェイスブックにあげた文をそのまま移したものです。

**カバー写真は数日前のベッドのマットレス買っ嬉しく撮った写真です。

最近退社し、時間が多いから記事を書いてみる。

これまで私は書いた文を再度振り返って見ている。 真のチャネルごとに、さまざまな文章を書いて、様々な感情をネベトオトたよ。

私は主に使用するチャネルを再訪みるとフェイスブック、ブランチ、インスタグラム、カカオトーク、YouTubeといえるでしょが、私が書いた文(カカオトークも断片的な会話ではなく、長く文章で書かれたまま考えを取り交わすこと好き。 。YouTubeのもコメントを文章単位で慎重に書く方だ)がチャンネルごとにある違った。たまに見ると同じ人なの?するほど口調が違って私が見ても本当に不思議だった。


✔️フェイスブックの場合には、

もちろん以前のそのフェイスブックではなく、せいに文を書く頻度がジュルギンたが、主に広場で会話する形をとっているようだ。今文もそうですし、「確かに私の文章を読んで、誰かがいる」ということを認識して文章を書くべきか?適度に親切ですが、適当に、私の主観や感情を吐き出す形の文が多い。 1〜2年前に私は怒って多かったようだ。すごく戦闘的な文が非常に多い。このような文をこのように公開されたところ書いてもまだ生きているなんて…なんか、昔の私の友人が私の文章を見て、「あなたはすごく戦闘的なディルテンスタイルで文章を書く、そのディルをすべてツ置こうと打たれても生き残っているのがとても不思議」とした。その際ハハハ笑っ渡したが、今振り返ってみると、本当にそうだ。ヨトンフェイスブックの文章は、確実に広場。あるいは「ある程度親しみのある(フェイスブックの友人方の中の釘会った人がほとんどだが、とにかく何年であり、ペチン関係だったから)人々がコミュニティ」で会話をしたり、壁新聞を書いて付ける感じが強い。そして確かに、Facebook上での文章は、「ディスカッション」につながることが多く、あまりにも良い。ヨトンペブクはなんかちょっと社会的戦闘的な、私の自我が多く発現されているところだ。

✔️ ブランチの場合には、

今だ…ぴったり私が思う最もやらしい文を書くところである。したテーマやな問題についての私の思考の流れを維持し、私の好みで文章を書き出すていく。主に、本当に真剣に書いたり、あるいは真剣なまま悪いギャグをしながら書く文が多い。ぴったり私以前にFacebookの初期進入したとき(2012年ごろ)、実際の友人のみペブク友人が構成されていた時代使っていた文のタイプをブランチに書く。なんというか…ブランチは「私の文章を読んで誰かがいるが、これらは特に反応はありませない」ということを認識して文章を書くべきか?だから文を書くときいっそう心が楽なので、文章を一度に書き出す行く難しく発行するまでに多くの時間がかかる。見える読者より目に見えない読者がなんというか、別の意味で心の底が通じるというか。そんなせいで、文を書くときに、「これは私は本当に私の考えが正しくて書いた文章なの?」とされて頼むことになる。なんかブランチは広場よりは、オープンハウスをしている私のギャラリーに文を展示する気分だ。誰読むれるかもしれません、およそ何人が入ってくるれるアルゲトヌン、そんな気持ち。最も私の内的な面が発現されるところだ。

✔️ インスタグラムの場合には、

主に単発的な事故を上げる。特に画像や映像を通じて、その文章の力をグックガングに発揮することができて、短い文章や段落を上げる適している。私は主に…その日の感情や考えをインスタグラムに盛る方だ。本当にでたらめをしたり、適度に真剣な音をしたりする。ブランチに比べて少ない深く、フェイスブックに比べて、より個人的な文とべきか?ところでまたブランチは「私の考えと哲学」に深く陥って持ったまま書く文がラチミョン、インスタグラムは「私の日常のインサイト」が盛り込まれたというか?うーん…まるで…国は、人がAというサービスそのもの。と打ったとき、ブランチはadminで接する感じで、インスタグラムはuserに接する感じだ。さてぴったりそんな思います。 Facebookは音…何か、そのサービスに伝える寄稿や建議文のような感じだとべきか…?よwwwいくつかの奇妙比喩だ合う比喩だ。ヨトンインスタでは、「私の文章を読んで、誰かがあり、これらは反応確実かつ(良いやDMとコメントなど)誰が誰もわからおり」ということを想定しないというか。ところでインスタでは、この想定した値に顔色を見ずに文を書くことができる。なんというか…プラットフォーム自体がそう。フェイスブックが社会的なコミュニティであれば、インスタグラムは個人的なコミュニティと感じられる。だから、本当に個人的な自分自身になることがあります。最も内側のだが、私のディプハン哲学まで行かず、ちょうどソーシャルた私ディプハン私の間にある内的な面が発現されるところだ。

✔️ カカオトークの場合には、

実際には、私は誰とカトクを送受信かによって異なりますが、最もactive、最もリアルタイムだ。 interactiveという表現は分からない、返信を私選んしたほうがだから。他のペブク。ブランチ。インスタと違って、カカオトークは「フリック過ごす時間」が非常に重要に作用するプラットフォームだ。まるで言語で「時制」という概念が非常に重要に作用する言語だというか(笑)。そして、この与えてできている組むや絵文字/絵文字などが実際には、新しい形式のコミュニケーションを可能にしてくれる。さてところで何が必要か、カカオトークは、本当に新しい形式のコミュニケーションを可能にするメッセンジャーにもかかわらず、その本質に集中していない(わざわざそうかどうか分からない)全くそんな用途に書けます。

インスタグラムの話)本当に革新的な会話ではなくインスタグラムDMのみ可能なようだ。 DMは、本当に、実際に対面している対話と別の種類の対話を可能にしてくれる。そのイメージ。そのビデオ。反応した絵文字。 DM送信の時間。相手と私の関係など…..ヨトンDMは、真の面白(個人的にはインスタグラムストーリーとDMであることを非常に非常に賞賛して大喜びする。完璧な新しいコミュニケーションの方法だ!)。ヨトンカカオトークは、「生きている自分自身」を継続して維持して人に良いプラットフォームだ。特に私の的でも、他的でもないし、個人的でも、ソーシャルでもない。

✔️ ユーチューブの場合には、

これはちょっと私だけ該当する話であることがあったりだが、私はYouTubeの最初に使用するときから、実名と実際の私の写真を掲載しておき使用した。ところで、YouTubeの初期には、そうしていないユーザーが多く、ネタンは「徹底的に匿名である彼ら」と私の実名と写真をかけて対話(コメントでの意見の共有)あることはタムタクチなく、YouTubeのコメントは本当に慎重に、必要なものだけダルゴンた。そして、この習慣が今まで続いてきている。そんなせいか何というか。 YouTubeは、多くの仮面をかぶった人々が集まっており、(一般ユーザー)、個中に本人を表したりor他のペルソナにさらされた(クリエイター)、これら見守る中、私一人で行くとせず慎重に横に行って、数時間の間に思った一言交わして、返さ受け答えをじっくり噛ん考えてみる、そんな会話をしているところだ。ここ広場でもなく、ハウスでもなく、個人的なコミュニティでもなく、何か革新的な会話を交わすところもないようだ。何かよく分からないが、何か別に会話したくないところである。もちろん、時には仮面を使ったとしても、輝く自我を持つ人々との会話をすることができるようにされたりするのに毎日のように非常にうれしい…ヨトンこのような考えを持ったせいか、YouTubeでコミュニティ機能を有効にさせようとしたときちょっと疑問がドゥルギンた。ここのようなもののコミュニティが不可能な所なのに…まったく仮想の関係を曲げとるのが目標かと思うもしたし…ヨトンYouTubeは、良いコミュニケーションが可能ではありませんが、それにもかかわらず、新しい自分自身を発見することができていい。なんか、上の他のプラットフォームは、私はいくつか私の面を発現させるか更正すれば、YouTubeはコンテンツからのどの面を発現れてしまう(?)。だから、YouTubeのコンテンツが面白いかもしれません。


ヨトンそうだ。

何は短く考え整理しようとしそうだったが、30分も書いてしまった。ヨトンそう。フェイスブックであるように時々、「最近私は考えていたことがあるのに…一度壁新聞書いてみようか…」こんな感じで文を書くようになり、それが真の楽しさと満足している。

ヨトンそう。

何かブランチに似合うか書いたタイプの文ではなく、先端を賭けが曖昧である。ウ…みんなドゥルスムに財力を発散に健康を!


Advertisements

Leave a Reply

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.