私の不在を一発で眠らせてくれた「豊かさ」


そうだった。私は「それ」が欲しかった。私は「自分のもの」に属したいと思った。私は「彼らの中に「編入されることを願った。休むことなく湧き上がる魔法の泉のように、乾かない彼らの豊かさの中へ。


元結婚のようなものはしたくなかった。また、歪みなってしまった慣習が残っていることができず」姑を奉じ「買う確率が依然として高い韓国で結婚生活をするというのは、拘束されていることを嫌う私としては想像もできないことだった。しかし、「豊かな家の中で育った優しい欧州男」に会ったとき、私の心は完全に変わった。

ひどい儒教的慣習や偏見などを最初から知らない別の世の中の男なら、善良な外国人男性なら結婚をすることもできるという考えがドゥルドン頃、今の夫に会った。夫は彫りの深いし、いつも笑顔であり、何よりも韓国に精通していた韓国の多くの好きな人だった。

海外旅行は何度やったても、外国で生活したことがなかった私としては、一度も触れたことのない彼の身についた小さなマナーと習慣が非常に新鮮に近づいてきて、それらは今まで私が経験した男性像の任意の歪んだ姿例えば「家父長的で権威的で抑圧的な「姿と克明に対比されたので、ただ私の目に「非常に正しい」に見えた。

そう、私たちは恋愛を始め、彼が韓国になかったの」遠征恋愛」の物理的な距離感は、私たちをさらに堅く縛った。出会ったばかりされなかった冬、彼は私に彼の国を訪問し、家族や友人に会い一緒にクリスマス休暇を過ごすことを提案した。

迷う理由はなかった。我々はすでに恋に落ちていて、少しでも多くの時間を過ごしたいし、また彼の提案は、彼より知ることができる機会になるものだった。古くバックパッカーにちょっと行ってみたそこを再びというときめきに私は冬を待っていた。

そして、その最初の訪問は、忘れていた私の中の「欲望たち」を振って覚醒した。それは私はほとんど持って見られなかったいくつかの心、何かが事務打つ欲しくて欲が私の心であり、それは「彼らが持っているすべての豊かさ」だった。
私の目に映った、それらは危険満風だっ再び私生かし、安全支えてくれるのあまりに十分なものだったので。

ブルジョア生活の中編入されるということ


最初の訪問地である彼の両親の家から私は"彼らの豊かさ」に圧倒されてしまった。

天井が高い大きな応接室には庭が見える大きな窓ゆったり量の高級革張りのソファがゲストである私迎えてくれ、大きな額縁と高価な装飾品が片側に置かれていた。家の中のあちこちには、清潔なカーペットが敷かれていた素敵な彫刻が空間を満たしており、庭園にはいろいろな種類の木や花が絵のように配置されていた。すべてのものは一目で見ても非常に高い水準で厳しい審美眼を持つ人々のものであることがわかった。

庭園と接続されたアトリエで目撃した姿は、さらに強烈た。素足にレザーローファーを履いて、高級シャツの袖をまくりつけたままイーゼルの前に絵を描いていた「未来の義父」の姿は、まさに「新世界」が開催される感じそのものだった。日差しが良い午後、彼は時々葉巻をムンチェ庭園のアカシアの木の下で本を読んだりしたが、そのたびに素敵な白髪はより多くの光が出た。

兄弟たちは、誰もが、いわゆる「バッグのひもが長い「社会的地位がある人であったそれぞれの暖かい印象を持っていたし、親戚や友人も両親の友人の方々である「上流層の奥様たち」も、単に私は家の中の息子女という理由だけで何の偏見なしに私出迎えてくれ迎えるくれるというものに全く新鮮た。その好奇心に満ち質問には「出身成分」や「出身学校」などは入っていなかった。

男一会っただけなのに、突然身分上昇もしたよう新しい世界が開かれたようにしており、世界のすべての豊かさがまるで私待っていたかのように身近に感じられた。何よりも私の最大の印象を与え決定的に「結婚の決意」を履行せたのは、物質的豊かさとは別に「愛があふれ流れていた家族の姿」だった。

少なくない数の家族が一緒に瞬間の間、彼らは大声一度出すことなく、笑いが絶えなかったし、ただ「一緒にいることで、真の幸せに見えた。テーブルの周りに座って子供の頃の思い出を召喚し、それがどのよう美しかったのかについて話をする時、彼らの目には光が出た。それは「非常に多くの愛の間」でなければできない粘着性がある連帯感であった。

韓国でさえ珍しい家族の雰囲気を見て、私は考えた。愛があふれる家族の中で成長した人だからあふれる愛を私に与えることができると。そのよう欲しかったが正しくインポート見たなかった「愛の欠乏」をこの人なら完全に満たしてくれることができると。

彼らが持ってすべての豊かさの中で私が最も持ったかったのはそれだった。その理由は、成長過程にもあるだろうが、何よりも「生活の底からあえいでいた「当時の私の状況にあった。当時の私は、私の中の価値観と信念が転覆したまま精神的なパニック状態を経験していて、背信を耐えなければならず、詐欺に遭い家を超えて行ったお父さんは、破産をした状態だった。それにしても風かっこよくなかった私は、さらに弱いこと崩れのみ行った。

だから本能的に知っているチャリョトウルある。彼らの「安全な豊かさの中に入ること」だけ地獄の真ん中で私入手単一の長さということを。多分私は「彼ら」に属することで、「すべての私」をクリアしたかったのかも分からない。

そう私は、本当に荷物一つぽつんとて地球半周を回ってこの地に来た。生きるため。

Advertisements

Leave a Reply

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.