私の文章はなぜイロルカ考えてみたところ

今日文を使いながら性アンチャ「臨時保存」をして、画面を下した。一時保存文を数えてみると39本の記事があります。別に書きたい蛇口のみ保持た文章が10個は、よりので、約50個の話を抱いて生きているんだ気がする。


ブランチを最初に始めたのが2016年2月1日。

現在までにブランチに発行された文が31個。事実ブランチに書いた文よりも、インスタナフェイスブックに書いた文がはるかに多い。ただブランチには、私は噛みしめながら考えた文章を書くことに敵だけ。 Facebookやインス乗るほとんどが一回のつもりで構成される、一筆書きの文章である。

私思わず「語や文を書くつもりが好きね?」を発見したのが2012年ごろであり、心の中にそれを抱いて生き、多くの場合、友達の課題や文章を整えてくれて、課題やコンペ文に私文を書くことを好きホウ見て、本当に文ソブワヤと思ったのが2014年頃。そうするうちにブランチが出てきて、作家の申請ながら文を正しく遣わなくちゃと思ったのが2016年。


趣味で始めた書き込みだったが今はこれまでよりも私の生涯に大きな比重を占めている。

文を書くことにおいて文を実際に書いて、それを発行する、または公開することを押すことは、すべてのプロセスの0.1%にも満たないようだ。もちろん、最も重要な最後のプロセスですが…

記事に出てくる口調は私のいつもの口調であり、文に出てくる流れは私の普段考えの流れであり、文に出てくる素材はいつも私の周りのものである。文を書くきっかけは、私の人生の経験や自分の考えの考えであり、文の主題は、私が朝に目を覚ます瞬間から、眠りに落ちる直前まですべてこの記事のテーマとなっても、繰り返し見る夢を介して新しい文に会うこともある。

私は私の文ではなく、他の目的のために書かれ、友人がお願いした文は、同社の仕事のため使わなければなら文では、上記のように「私は「自分が追加されるが、ある程度「私」自身が投影されて書かれている。まるでその部分は川に映った自分の姿だというか、川の世紀と流れと晴れに応じて異なるだけで、 私の姿は、私の姿だ。


なんというか…文を書くことは、 成長に直面するのと同じ感じだ。 使えば使うほど、考えれば考えるほど、私は私になっていく感じだ。

近年の新た知り合った多くの方々が私の文章を楽しく読んでいただき、いい話してくれよ、数日考えていた話。文って日本当に多く成長させ、良い人たくさん出会うくれな。と思う。

一面識もない文とコメント。または文と良いの相互作用を介して心理的に近づいた方が本当に多い。恥ずかしいから誰なのか言葉はないする。私は恥ずかしがり屋だから。

私の文章は、常に主題歌なくつづくもなく方向もないが、正確な論旨があり、簡単に話したいし、考えのひもを保持する、それを継続して続いていきたい。私の文章はなぜイロルカ考えてみたところ、 私の人生、私の考えが、私自身がそのような人だった。

常に論旨を、考えのひもに沿って生きる人生。

うーん…やっぱり文を書くのは面白い。

最後に一言ちなみに、昨日チンドで会話が続いた方の会話では、インスタに書かれた文章を見て線」文がとても可愛いですねふ」という言葉を聞いた。

はい、記事は私類似している。だから私は…


Advertisements

Leave a Reply

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.