近年私変化させている四つの行動様態。

情報を整理して込めて、何をするかの目標を設定し、その目標をどのような形であれ、共有しなければならない。そして仕事を処理する時は没入して迅速に判断下し迅速に行動する。

そうしてこそ変化が生じる。

一人の心の中にだけなきゃなきゃこれだ。これだ。のは一二年した結果、何の変化もなかっ起こした。

もちろんこれは私だけの弱いする可能性がありますが、ヨトン2年にわたって私の様々な実験をして、テストをした結果、私はそのよう人のようだ。そして近年になってようやく下し私に役立つ行動態様結論。

私は変化を引き起こすことができる最良の環境であり、行動の様態は、次のネットと同じである。


1.接した情報は、まとめて、私のクラウド環境に入れておく。

たとえば、単純な記事の通りであっても、読んで終わるのではなく。少しでも私に長期的に役立つようであれば、読んだ記事を3行程度でまとめた後、私のワンノートに保存する。まあエバーノートも他のものであれツールは関係ないだろう。ただ私はワンノートをずっとソワトてワンノートに保存する。
ここでいくつかの重要なポイントは、要約するものである。どんな学校の勉強していた頃のように要約しようというのではない。私に必要な情報が、私にと触れた内容だけまとめ..ないだから、その内容だけ」残す」。例えば、今日読んだ「パオロコエーリョ」の書き込み八つの戦略だっけ? (PPSSグロー覚えている)私はその文を読んで

「文は私の精神を示しています」とした文章だけ残した。これは私に必要な内容であり、私にと触れた内容だったので。事実そしてそうしながら、記憶にしっかり刻印される。

ああ、ここで言う「私のクラウド環境」は、特に何の変哲のではなく、単に私が書くスラック – トレルに – ワンノート – Googleのドライブなどをいう。ここには、私の履歴書もあり、写真もあって、様々なポポロもあり、いくつかの資料もある。どこでもインターネットのみ接続されている場合は、自分自身を広げられるように助けてくれる環境。もちろん、最もよく使う環境は「カカオトーク私に送る」機能である。よwww事実エバーノートを使うのより良いが、エバーノートはまだ私本当に良くない。いくら使っても慣れがない(笑)

ヨトンこのように整理しておいた、あるいは保存しておいた情報は、今後の動作時や会話する時など、さまざまな状況で便利に使われる。 何よりも、私は自分が誰なのか。私自身がどのようなものが好きかどうかをより明確にしてくれる。私は、自分自身を深くしてくれるべきか。


2.いかなるものであれ、単に興味を中心にあっても、明確な目標を立てたままの行為をする。

愚かに数年の時間を飛ばした後になって気付いた私の人生のポイントだ。以下の例を聞いて、私は文章を書くこと本当に好きだ。初期には、だから、2012年ごろには、フェイスブックに書き込みを使いながら、友人からの反応が良く、よりジャプソリでは、私の思いを込めた文章を書き始めたし、2014〜5年頃から私は '実際に知っている人ではなく、フェイスブック友達」に対応する(?)開始したその時から、本当に楽しい文章を書いて下がったようだ。このブランチは私なり書くの人生の集合点でもして。ところがこれは、私がどんなに好きなものであっても目標ないから立ち消えになる。

文スルゴリはいつも多い。今半ダースのネタがあり、生きていればネタが自然に頭の中で組み立てられ、「ああ、これもいつ一度グローソブワヤだろう」したものも多い。ところが、ほとんどのこのようなものは、そのように「いつ一度」という名前の中で消えてしまう。まるでいつ一度ご飯食べようように。

私の好きなことであっても、目標を立てておかなければ消えてしまう。最終的にはこれは私の好きなことであったかさえ疑問が挙げましょかと思う。好きなこともさて、私は当然しなければならなことは目標がなければ、その瞬間から、ストレスになるようだ。

いくら簡単なことでも、好きなことでも、興味を中心にすることでも、明確な目標を立てる 。それ酒を飲むことで、遊ぶことであっても明確な目標を立てる。

文は、一週間に一回、一日何時にブランチに文をアップロードする。

長週に2回、一日いつする。

お酒は飲みに2本を、そして2つだけのボトル飲んで家に行く。

今日はスターバックスを行く。行って本を50p読む。あるいは今日は記事熱のを読む。

この方法で。

参考として仕事をしながら合計時間の設定はしない。 目標を立て、時間管理までするには、その日の自分自身をmanagingするので、多くのエネルギーが投入されるようにするためだただ目的だけ立て、ただ目標を達成する 。 (もちろん、今日の本500p読むよう無謀な目標を立てていない、だから「国は、人間がある程度のパフォーマンスを一定に生じる」への理解が先行されなけれするのはならない)

これにより、結論としては、「ああ、今日一日もすばらしいゴミ人生だった!」ではない'とでも今日何たりしたよ!」となる。


3.定めた目標をどのような形であれ、共有する。

私は上記のようにあのように定められた目標、低2回考えを終えた時点から非常に多くなった。ほぼすべての目標付与されたべきか?まるで私の業務管理/課題管理にそれぞれの目標に割り当てられた感じだった。まあは何を、いつまでどのようにする。こんな、ショッピングすることから、重要な日までのすべて占めるようになった。

ところがこれがまた目標、目的だけ立てれば、ただ目標のまま残る。達成しなければならは分かるが、達成しようと走らなければならない理由が分からなくなるだろうか?

それでまた立てた解決策が「どのような形で共有する」である。私はいくつかの目標を立てた外部に知ら度良く(友人やSNSなどを介して)私の個人的スケジューラに記録も良いし、プライベートに設定した私のブログに記録しても良いだろう。しかしいずれにせよ、共有する。

もちろん、最もスマートな共有方法は、持っているスマートフォンを活用するものである。例として、健康アプリをシャオ米体重計と連動させて置くことによって自分の体重を継続測定することも私には共有の一種である。私はスポーツをしたい、あるいは肉を抜くという目標を直接確認して走ることができるようにする、共有する。これあえて共有と表現せずに記録あるいは可視化と話してもいいのですが、様々な目的を様々な形で考えてアプローチしてみると、どうやら「共有」という言葉が最善であるようだ。

このような共有の利点は、共有と同時にアーカイブになるというものである。事実アーカイブ手順を別に分けて、私は立てた目標と、その目標を達した行為/記録などをブログに別々に整理するかしたが、アーカイブまた途方もないことになって、整理してから一日が行くのが常であった。

私は頻繁に使うプラットフォームでは、私の目標と目標達成するかどうかを共有する。そうたまる、私の人生アーカイブされる

この共有をすればするほど、目標達成度より簡単になり、自分自身への理解も深まり、とにかく「仕事を」「た」になる。

I wanna do itでI did it!に行くべき最も簡単に触れるようにしてくれる行為というか。 自ら立てた目標に対して何のフィードバックないフィードバック行為のような感じだ。フィードバックそのものの発生というべきだろうか。


4.優先順位を決めて仕事を処理したというよりは、その時点で一つのことに没頭して、残りは即決審判-即決処分をする。

これ本当に何はのかと思うだろう。優先順位として仕事を処理するのとはちょっと違う。
私に優先順位で仕事を処理するということは、まあ….仕事の後の家に来た状況を例に挙げてみよう。家に来て、私にはすべきことが

着替え。洗浄。家の掃除。ご飯を準備する。ご飯食べること。皿洗い。フェイスブック記事を読む(最初に表示設定しておいた複数の場所の良い文章を毎日読む)。猫秋が遊んで与えること。フォン押された連絡処理する。趣味する(これは文を書くになるかもしれ、ゲームするのがなることも、本を読むになるかもしれいる)

そうある。リストを見ればたいしたことはないようだが、仕事して眠りに落ちるまでの約4時間の間には、実際にかなり忙しく困難なことである。 私はこれらを通常の優先順位で処理されたていた 。ご飯を一番早く食べ、趣味生活をまずしており、その中で秋やら遊ん与え、その暇私は時間にフェイスブック文を読み、興味が落ちる皿を洗うか、服を着替えたり、洗ったりした。優先順位の基準となり自体が最初から「私が重要であると考えていること」で、それが毎回変わるせいで仕事をあれこれたくさん同時に処理した。

ところでこのようにしてみると、何をしても正常にするそうにない何よりもこの「優先順位設定すること」からは難関だった。

その上記の日程度なら簡単です、もしここに「家のインテリアが照明均等。アウター大丈夫な探して3改正もリストアップする。業務準備をしてあるん資料リサーチする」などが追加されれば、優先順位がすごく頭が痛くなる。 事実3人とも優劣をつけることができないほど重要だからである。インテリアとしても早急で、アウターにも早急で、業務も急がれる。これでは、コンピュータオンウィンドウ複数開いておいて同時にリリース見いだしアウター見いだし照明もゴルゴンた。もちろん、 これは、所要時間が何か着着々するものよりもヅセベはかかる。だからといって着々と良い赤ちゃんヒムドゥンゲ、これの優先順位の最上位の3つのことが重なったはずなのにどうして…?こんな感じだった。そしてその上の他のものも多くあり。いつもこのように時間がかかり、遅く寝て、疲れて。悪循環の繰り返し。

だから、私の行動方針を変更するにたのが、 没入+即決審判/即決処分方針(?)である 。ただしこれは、コンピュータやスマート機器などを活用場合のみ該当する。アナログの本を読むとき…も可能そういえばである。これは、次の文を書いない。

もし上記と同様の状況である。

着替え。洗浄。家の掃除。ご飯を準備する。ご飯食べること。皿洗い。フェイスブック記事を読む(最初に表示設定しておいた複数の場所の良い文章を毎日読む)。猫秋が遊んで与えること。フォン押された連絡処理する。趣味する(これは文を書くになるかもしれ、ゲームするのがなることも、本を読むになるかもしれいる)

これに加えが「家のインテリアが照明均等。アウター大丈夫な探して3改正もリストアップする。業務準備をしてあるん資料リサーチする」などが追加された同じ状況である。

このときのオールイン+即決審判/即決処分とは、 優先順位の設定について悩む時間を減らし、すぐにする必要があり一万急速判断下り、すぐに行動するということである。ここですぐに行動するということよりも、迅速に判断下すことがさらに重要である。 「どれがより効率的であること」あるいは「どっちが私に、より重要なことか」などの重量を量るしていると、すでに時間はすべて行った。高速判断する。考えがお気に入りと同時に、ほぼ判断しなければならないというか。

例えば、家に入るとすぐに右コンピュータを指す。コンピュータが起動する間、洗って服を着替える。多オン後にウェプチャンを浮かべる。その次に直接ご飯の準備をする。高速ご飯を食べる。その次に、コンピュータに座っている。フェイスブックをずっとご下がり興味があるそうな記事やウィンドウをタブ追加でずっと新しいタブを浮かべる。その次に光を検索しよさそうなものをすぐに新しいウィンドウに浮かべる。アウターも同様。

これにより、瞬時に画面3〜40個浮いている。

これは重要なポイントだ。 まさに選択(悩み)せずに、選択「Gee」が、急速に分別してラインナップさせておくこと。

その次に、記事を一つずつ読み上げながら要約するのは要約して(さっきあの上の1番行為)のすぐ未練なくウィンドウをオフにしまう。その一つずつ即決処分を下げる、既存のペブクよりは一つ読んで、何度もじっくり見て、ペブクよりは、一つ読んで..こんな行為よりも時間が格段に節約される。 2〜30個のウィンドウあっという間に消える。そしてアウター購入や照明の購入も同様。一本ずつ見る時は時間がかかりますが、複数同時に見ると、選択ははるかに簡単で速くなる。

これは少し、なんだかそのだ。選択肢が一つあるときは、そのいずれかを選択の長い悩むことになる。ところで、従来の優先度別の行為は、選択肢の一つ一つを、ハンタあるハンタあるごとに提示する形であった。より慎重かつ深く選択することができていても明らかに多くの時間を要した。 しかし、この変わった行為は、選択肢の数十を一度に留まり置く。その次に選択を迅速にしていくものである 。より慎重たり深いチョイスがないかもしれないが、まあ。記事文一つ読んだり、照明一つ読むゴエに対してより慎重でなかったせいで、私の人生が揺れるようではない。

もちろん、このように簡単に選択をしていく行為は、私自身がどのようなものが好きな人なのか、どのようなゴエに対してどのように判断を下す人なのか、自分の理解がある程度先行たので、私は自分を信じてすぐに下げる判断であることでもある

ヨトンこのようにわざわざ選択肢を多く与え、(選択肢を多く与えるときは、選択肢の基準/根拠について考える時間がかかることもありその後はならない。無条件即決審判!気に入ったら浮かべなけれ出さない。)高速行為を選択し処理いけば、時間が本当に節約される。

何よりもこのように仕事を処理する場合は、そのことに対して、より広い視野でゆったり見ることができる点が本当に良い。資料リサーチするときでさえ、このようにすれば、フレーム立てが本当にやすくなる。数十個の資料/論文/文などを一度に留まり入れて、一つずつウィンドウを閉じていってみると、私はすべき方向が明確になる。そのフレームを立てて、再びウィンドウを浮かべる行為をすると、その時は、ウィンドウの数のない浮かべる。 すでに多くの選択を先行し、私の目は、その中に成長したので。そうすれば残るのは私がその過程を経て思っていた、私の考えが込められただけの材料。

とにかく、このような即決審判/即決処分方法で行動を変えた後に多くの時間を節約された。そして何か、その瞬間瞬間に自分自身を信じて賭けする楽しさがあってか、没入度もより高くなった。 (これが私に役立つかアンドゥェルジウィンドウを浮かせて否を迅速に判断するのが、バッティングする楽しさと同じではないかと思う)

そして何よりも、「窓を閉める」という行為が与える達成感はかなり有頂天である。


近年私変わった行動様式に、四つの。

情報を整理して込めて、何をするかの目標を設定し、その目標をどのような形であれ、共有する。そして仕事を処理する時は没入して迅速に判断下し迅速に行動する

このような四つの行動様態を取りながら、最も役立つ、最も嬉しかったのは、

私は誰なのかをより明確に知ることができるようになったこと。私はいくつかのが好きか、どのようなことを嫌っているか。私はいくつかのことを知っているかどうか。私はことを知らないことを確認。

まるで自分自身と絶えず対話をするような気分だった。より高くなり、より深まる感じ。

Advertisements

Leave a Reply

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.