退!社!をしました。退社退社

退!社!をしました。正確に言えば、私教育市場Exit!(?)

このような呼出しあるいは読者を想定して、これらを対象に話をする文の形は初めてですね。


2015年11月を基点に大韓民国ソウル、私教育市場に2年4ヶ月間の足を塀グォトオトた。

教大駅近くのオルヴィエート独学縁起学院副院長で1年、

大峙洞時代の人材学院でモトチン英語の先生の下で、英語コンテンツ担当者に1年4ヶ月。

高校時代、たまに読むされた「ソヨウンウン「作家の「グッドモーニング!ティーチャー」という漫画をきっかけに先生を夢見るて、対戦韓南大英語教育科に入学。国語教育まで複数専攻し、その他多くの様々な活動もしました。

先生になる歯なん様々な活動かたかったが、私は最初のライン。購入生。という文字を職業とした、これまず買った人らしく、多くの経験を持っている必要があり、それは本当に学生に大きな助けになるとと自分で考えましたよ。

まあ、学生が「先生、私はDJになりたい!」と言ったとき、私は「そう?それではまず、試験からよく見てみよう!」と答えより「DJになるには、まず、音楽をたくさん聴きながらdiggingをして!そして好きなDJたちから探してみて!」と返事をしたかったんですよ。 何の経験が必要な知識が知恵に変わり、より素敵な言葉たちと一緒に相手に伝えアール。

ところがこれが真の面白いのが、TEDxDaejeon、黙読、MICEアカデミー等、様々な活動をしてみると本末転倒とすべきか。先生そのものよりも、この活動自体がとても面白くなりました。まったく、コミュニティを成しチームメンバーとのコミュニケーションやコラボレーションしウシャウシャのがその楽しいことがありませんでした。

その生きてみるに、この人々間の対話/通信ケション/コミュニケーションするのに最も多く使う手段である「言語」ということ自体に大きな関心を持つようになりました。実際には、それ以前から言語という魅力的なものに関心が多かった長いました。

ヨトンこのような状況の中で、すぐに先生になるよりは、だから任用通知を表示するより私が欲しいの勉強をもっとしてみようし。急いで大学院を準備して韓国外大の言語認知科学の修士課程に入るなりました。

そしてこの時から、独立の概念として生計を自ら解決しようと学院で働くことになりました。ハルジュル分かるティーチングであり、ティーチングもまだ重大関心事の一つでしたから。私教育を経験した公教育の先生とは。本当に素晴らしいことだ。と思いながら仕事を始めたこともあります。

まあ….事実より使いながらはとても長くなりそうなのでおよそ壊しながら話します。ヨトンジョレソジョロた中、働いていた塾を移し、大学院の研究に対する興味は落ち、いや正確に言えば言語に対する興味、言語学への興味は、常に最上級であるが、これよりも最近ではデザイン。ブランド。スタートオプシンの興味が最チェチェ最上級に立ち上がる勉強を少しました。今は他の勉強を作っています。

だから論文出し卒業たのがではなく、修了に終わりが続いた。余裕がされたとき、必ず素敵な論文を書きたいと思い。(すべての課程生の希望)


そして移し学園では、デザインへの興味を結合させて、第職責を「 編集デザイナー」に変貌(?)しました。射手なく一人でクンセムと(もちろん助けてくださった多くの方々があるけどね!代表的に鉄ヨンニムチャンチャンマン)私の方法が正しいかはわからないが、ヨトンイラストレーターとInDesignのは、Adobeのオクロベトを介してあれこれ多くの内申比教材を撮って取り上げた。ああ、本当の大峙洞の内申教材の中で一番きれいだ多分。

ヨトンそうするうちに、このデザインに対する興味とスタートオプシンへの興味が最チェチェチェチェチェチェ最上級に爆発するようになって、「ああ、私はどうしてもだめだ。私のコミュニティを成しチームメンバーとのコミュニケーションしながらも素敵なことをとても素敵こなしたい」という思いと一緒にあちこちの履歴書を私見るなり、唯一つの場所で面接を見る機会ができました。

実は私はそこに行くにはいろいろ履歴、キャリア、資質が不足している状態で面接見ただけでも、あまりにも大きな幸運だったと思います。ヨトン、そこで行われた時間の間の面接が、私自身の位置。現住所を正確に診断することができるようにされた大きなきっかけとなりました。その時間は今考えてもとても感謝し時間です。

どうやら、いくら考えても、私はぶつかって生きることをしよう。コミュニティを成したい、素敵な人と一緒にしたい、ああ、もちろん私も素敵な人になろうとすごく努力をしよう。

このような考えを要する。

そして、現在働いているのが気にドゥルギンしかし、私の魂がコンパスが指すことはない。という考えも確信するようになり、果敢に対策なし(あ..?)退社をすることになりました。

余談だが、言語学への興味や創業一連のものに対する興味やデザインに対する興味やブランドへの興味やすべての基底は同じだと思います。 「生活において何を大切にしどのような旗に何をしようとするか?」この質問への答えは、上記のすべての過程に、人ごとに異なって表示されるようです。 そして、私は、しきりにこの答えなのか?ないが答えなのか!?ない私の答えなんだ?ているようだ。

ヨトンあれこれ、言語学学徒としての道もある程度仕上げており、私教育を経た先生の道もある程度仕上げました。

続いて第本質を整えており、私は誰なのかと思い、私が欲しいのは何なのか疑問に思って。そして、ハード、自分を準備し、新しい場所に行ってみつもり。

履歴書を準備するのがではなく、自分自身を準備し、その記録と実際の発送が必要その新しい場所でもジョルン友好でしょう。新しい道を歩くことを考えるとワクワクします。道を三つ目のことうとしたら、私の好きな詩人ロバート・フロストの「二つの道」という試み助けにならないですね。ホホホ。この辺て他の授賞に乗り換え一つ。ホホᇂ

私教育市場での滞在聴いた多くの思考はゆっくりグロー書いしようとします。(常にグローバル書くだけ話をするように笑)


ヨトン、退社しました。

Advertisements

Leave a Reply

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.