彼らが成し遂げた結果を一覧表示したいわけではない。 7人記録する驚くべき数は、他のチャンネルで十分に話されている。私はただ成長書士に限りなく脆く、ブランディングの作業に愛情を持っている人として、防弾少年団が披露した良いブランドの要素について記録しておきたい気持ちだ。

現象の前に脈絡がある

ブランドストーリーが重要であり、その分よく作られなければならないという話をすることもなく、聞く。ブランドストーリーは事実上どのような話をするためのコンテキストであるからである。なぜこのような音楽を、なぜこのようなものを私に聞かせて示すか正当性を作ってくれる装置であるわけだ。

防弾少年団の音楽の物語は、成長過程で経験する失敗と歓喜から来る。学校3部作、青春2部作と誘惑について言っWINGSを超えて愛さについて話すLOVE YOUR SELFまで。この過程で、歌の主人公の世界は拡大と縮小を繰り返して一つのコンテキストを作る。

学校と呼ばれる特定のスペースで目を覚ました後 学校の外に出て混乱世界を見て、その世界に出てきたため、けが人は私見落とす。通常、この傷を眺めてくれる人を会って、新しい世界が始まったが、すぐに無惨に終わってしまう。少年は簡単に喜びのいっぱいボール良く音を口にはも崩れ崩れる。これは少年が巨大な世界に立つために苦しむ伝統的な成長書士であり、より簡単には「青春」と呼ぶことができる。

この平凡でも偉大な過程を、そのような 年齢 台少年たちが直接描いた。彼らは日常生活の言語をそのまま持って書いて-近所の友人同士が集まっそうであるよう-出身地の誇りをふんあふれる言っ音楽を、音楽を自分の人生をどのように大しているか、常に歌った。主な活動曲でもFirst love、Reflection、Awake、Begin、MAMA、はい時、(ミックステープ)August D、(ミックステープ)Hope worldのように収録曲や、まったく非商業アルバムを通じてメンバー個人が直接話し手に登場する音楽は没入度をより高めることもした。

防弾少年団は、このプロセスを介して任意のコンセプトを表現する穿孔遠い書ではなく話の中の主人公そのものとなった。つまり同じ愛の歌であっても、彼らの愛は、すれ違う現象ではなく、巨大な叙事の一部となる。アイドルグループの短い生命力、それによる長期的な書士/コンテンツが不在という状況に照らしてみると、これらの蓄積された脈絡はすぐにブランドがそれほど必要な「固有の価値」に帰結される。

記号を活用する

記号は 力が強い。書士が意味されている記号は、目に見える色味や形の限界を超えて、より深い意味の領域で対象を集めて入る。そのため、シンボルをうまく活用するブランドは、長い言葉なくても、洗練された方法でメッセージを伝えることができる。

防弾少年団は、ミュージックビデオで、様々なシンボルを活用する。最も有名なのは、やはり「血の汗涙」のミュージックビデオ に登場する ものである。 卵を破って飛ぶ 鳥の絵、 ジンと石膏像の(実はダミアンとシンクレアの)エキス、神の意志を逆らう天使とイカルスの図のように。これはヘルマン・ヘッセの小説ダミアンに登場することで、 主人公であるシンクレアが既存の少年の世界に亀裂を出し善悪が入り混じった世界に進入するために登場した シンボルである 。これはミュージックビデオでも同様に七人それぞれのメンバーが誘惑に揺れ、既存の世界を破ってしまうことに   する装置で使われる。

「春の日」は、さらに一歩進ん小説「オメルラスを残し、人々 」を借用して、自分たちの話に接続させる。この小説は、罪のない子供 の犠牲によってユートピアのような村を形成して住んでいる人々の話を扱う。ミュージックビデオでは、Omelasという家で喜びを味わう姿を見せジュダガ汚れ服-犠牲になった存在-をきれいにしてくれた後、喜びを享受した、誰もがそこを一緒に引き出し、新しいところで光を迎える。原発では、すべて一人で残したが、防弾少年団は、一緒に新しい場所に向かう。記号は毀損されず、新たな物語を作るきっかけに生まれ変わった。

一方、防弾少年団は、花様年華アルバムからTHE NOTEという名前のブックレットを提供し、ミュージックビデオもこれに関連手がかりを提供していますが、これBU(BTS Universe)という名前でつづりで
巨大なファン層が直接彼らの世界を探索し、研究することができるようにする 。上記の二つの象徴例は、個々の曲 – アルバム自体のストーリーであり、BUを構成する1つの要素としても作用する。一貫性のあるコンテキストの中で拡張される話、そしてぴったり配置されたシンボルは、説得力を高める重要なポイントとなる。

切り替えをなす

防弾少年団の世界は、前述の方法で空間的に、感情的、音楽的に   着実に拡大されて   学校-青春-愛に移る段階ごとに広がっ感情の幅を新しいジャンルの音楽と素晴らしいパフォーマンスで 表現し 、爆発的なポイントを作ったのだ。 ファンダムの規模は、これらの成長と脈を同じくした。 2014年2,000席(旧)アックスホールで単独コンサートをしていた彼らが、今年8月に5万席規模の蚕室主競技場を皮切りに、米国、日本スタジアム公演を含むワールドツアーを通じて合計79万人の観客を会うほどだ。

ブランディング エージェンシープラスXのが、昨年行われた防弾少年団BXデザインリニューアル作業結果は、新しい転換点を迎えた人のためのものである。プラスXのは、防弾少年団の単純略であったBTSに 「Beyond The Scene」 という意味を付与した。 「向かい合っている現実を超えて夢に向かって絶えず進み行き、成長する青春」を象徴するという意味を込めたこの定義は、防弾少年団がこれまで見せた歩みをアオルムと同時に、変わらない点に新しい姿を見せてくれるという意志の表現でもある。

本質は変わらない

防弾少年団は、デビュー5年目に正規アルバム(韓国語アルバム基準)  第3章を出した。各アルバムの曲数は14曲、15曲、11曲であり、通常のではなく、ミニアルバムも9〜10曲が載っている。 すべての正規アルバムだけ でなく、 花様年華pt 1 / pt2、LOVE YOURSELF承」Her」などのミニアルバムにもイントロとアウトロが必ず入って いる。音源ではなく、一つのムードを完成するアルバムを重視し、音楽を聴くために考慮し構成するという話だ。さらに多く作詞/作曲家のメンバーの名前が上がっている。ない忙しいのではなく、忙しい中でも、作成のために可能なことである。 BANGTAN TV、Vアプリ映像は、Twitter等のコンテンツを見ていればメンバーたちの対話を通じて 、普段にも作業を着実にしていることがわかる。ジャンルも多様に試みる。干ばつバトン、トラップ、チルアウト、叔母ヒップホップ、ラテンポップ等ポップ市場のトレンドをいち早く追いかけるされ、自分たちのメッセージを強く与える。

このように作成された結果は、すべて完璧ではないも、当時の彼らには最善であったおかげで、多くの人には驚きと喜びとなった。国内音楽放送1位を夢見た韓国の新人アイドルが5年目にビルボードで賞を乗って舞台を披露する日、生意気高いポップスターたちも緊張するスタジアム公演を全席売り切れたことは、単純にファンが多いではなく、そのように多くのファンが何を聞くか知っておく必要理解される日であるだろう。

防弾少年団は24日、LOVE YOURSELF結」Answer」のアルバム発売を控えている。今回のアルバムのコンセプトフォトで七人の青春は、複雑に絡み合った感情の糸巻きの上に座って向かい合っ線これまっすぐ見つめる。愛を発見して喜んで、また絶望していた彼らが果たしてどのような答えを出すのか、もう一度現在を超えることができ(Beyond The Secne)かどうか、確実に席を捕まえて行く一つのブランドとしてどのようなコンテンツを使用して大衆を満たすか期待していある。

Advertisements

Leave a Reply

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.