EDMフェスティバルの季節が来ました。音脱いパンティー上げ!

ついにきた。フェスティバルの季節が。

私フェスティバル。だから正確に言えばEDMフェスティバルオタだ。

参照1。 2012 Global Gathering Korea Time Table

2012年10月に開かれたGlobal Gathering Korea

(現在韓国ではない開)が私の最初のフェスティバルだった。チケットもサンゲツではなく、いくつかのペブクイベントするとき偶然当たっては、偶然時間もされてお金もなってお店になった。夜にカリビアンベインに水をぱっと抜いておいて、多よう暴れプレーその日の記憶はまだ生々しい。その時期頃はそれなりEDMフェスティバルの初期だったと記憶する。その時来たDJがデヴィッド・ゲッタであった。 TitnaiumShe Wolfを聞きながら、私は本当に「カタルシス」ということを初めて感じた。夜明け歳時かインドネシアのか終わる頃になったが、みんなとても雰囲気が良くて狂っ暴れ残り、メインステージでDJがよりDJプレイをしながら、より暴れ覚えている。インドネシア半分出て、バスに乗って何とか家に帰って行った。

*右側に当時タイムテーブルである。このとき、土曜日のみ行った覚えが、 グレンチェック見覚えが出る。 デヴィッド・ゲッタも下駄だったが、メインステージの最後のDJであるKAZ JAMESとすべての観客が一団となってトィノルしまったのが、まだ記憶する。


このとき以来、始まったEDMフェスティバルドクジルは2016年にソウルに上がってきて生きるされ、より確実に開始された。大韓民国EDMフェスティバルのほとんどは、蚕室で繰り広げられるから!ヨトン一昨年、昨年にほとんどはEDMフェスティバルを行って、ほぼすべてのEDMフェスティバルのチケットを購入した履歴があってEDMフェスティバルに興味はあるが、ヒンナンジャル思わずチョン怖いウォンの方のために、EDMについて簡単ハングルとフェスティバルで遊ぶもの。そしてフェスティバル種類(?)の概要について記事を書いて、今年のフェスティバルのラインナップについてお話します。

およそ

1. EDM音楽の種類

2. EDMフェスティバルでの遊び
3. EDMフェスティバル(大韓民国)

4. EDMフェスティバル。これだけ知ってみましょう。

程度の話みるだろう。この記事一つ終了しようとしたが、到底できないエンディングだったよ。各項目ごとに1つの文で話してみよう。私が文章を書くの正確な目的は、「少しより多くの人々がEDMフェスティバルを正しく楽しんで欲しいと思いて」である。そして、実際には、私の友人がこの記事ちょっと読んで私とちょっとのようにガジュォト当…ちなみに、EDMシーンをよく理解しているか、音楽を作ってみたプロデューサーではなく、単にEDMフェスティバルを楽しむファンが書いた文のレベルでのみ見ていただければたい!それでもそれなり12年度から着実に追いかけデンギョトので、それでもある程度感じがよく伝達されないかだけがしてみるしくしく…この記事では、誰でもEDMフェスティバルに好感が生じ、軌道に乗るだろう!」という気がするなら、私の文章は、成功である!


1. EDM音楽の種類

実際これは私が言っない。これはこれだけ言ってことで文章を何本を使わなければならないかも分からないし、私はそれをそれほど知らない。これまるで中3時か高1時か、物理を初めて学んおい、「さて、今日は、物理学についてお話ししてみよう。ふふふ…」するのと同じ理屈だ。一度大きく分類で言えば、以下の表の通りである。

参照2。 The sub-genres of EDM。

クリックして見る必要がない。 EDMは、ジャンルがあんなに多い。 「電子音」が入ると多EDMが大方合う甘やかすだが、曲の構成がどのようになるかに応じて、上記ジャンルのように多くの分かれるようだ。 最近では、いくつかのDJの場合には、本人の音楽特性自体が新しいもののジャンル。この程度とされる場合がある。 (いくつかのDJが、この方のジャンルで最高の地!こんな感じというだけではなく、このDJの音楽性が、この方のジャンルなのに全くいい!こんなものだ)用語集だけで行こうと、プロデューサーとDJという用語がありますが、プロデューサーアブラハムは音楽を実際に「作る」人であり、DJは、適切な音楽を状況に合わせプログラムは、人である。まあまあフェスティバルでは、DJはほとんどすべて本人がプロデューサーでありDJと考えると良い。ただ便宜上この記事では、引き続きDJと話したい。

*実際にはDJ自体も用語の定義をあのようにはならない。 「適切な音楽を状況に合わせプログラムは、人」がDJの最低線であれば、より広く深く見ると、「多様なミックスセットを備えており、どのような周辺環境/舞台状況/観客性向/観客の構成も適当に音楽を流して雰囲気をドラッグ出して、その観客を観客ではなく、のように音楽を楽しむ、これらに変えて、最高の体験を提供してくれる人」程度というか?ところでもちろんまた、様々なミックスセットを備えほう良いDJのの要件もなく…これは私がもっと話ができない領域とパスする。もしかしたら現業DJの方々が、この記事を読んであれば、もっと適切な定義がある場合はしたことが知られジュシプショしくしく…

参照3。 EDM VETS vs EMD NOOBS

上の図は、より理解しやすいようにして、上記の図をもたらした。一般の人が見るとEDMが、より楽しんで見者が見れば、あんな分類があるのだ!そして、 実際にEDMサブジャンルの特性を、「定義」や「文」に区分するだけではなく「聞いて見ること」が最高だ。聞いてみると何のだ知っている。

上記のジャンルの中で最も普及したものと私の好み(何故)であるものだけコプアソ話をしてみる。 BIG ROOM HOUSE、PROGRESSIVE HOUSE、TROPICAL HOUSE、TRANCE、HARDSTYLE、TECHNO、DUBSTEP、DRUM&BASS、TRAP程度が…大韓民国フェスティバルを楽しむのに知って行かなければならジャンルたようだ。ちなみに、ここで私は降るジャンルの定義は、絶対専門家ではなく、単にファンが「聞いた耳に降る定義だなにとぞ定義ビルランは通り過ぎてください(?)私も今、私の物理学を論じるチャムバプがないということは知っている!でも物理を接したら一度は遊んだてみたいのだ!そんなある!

ヨトン一度読んでみて、自分の好きな音楽のジャンルが何であるか一度調べておくのも悪くないという。

*参考までに上記みるHOUSEというジャンルが非常に広い分布を持っているが、ほとんどの人は一般的に接するEDMはハウスミュージックだと思えばされる!

** EDM音楽のサブジャンルは、その境界が明確でない。ただどのような方向性が基準である。

本当に! TranceだけTranceこともあり、Progressive Tranceこともできる。このProgressive TranceはProgressive Houseラング似ているが、だからといってHouse音楽はないのだ。膜…お互いチャンポンされるジャンルである。だからこのようにサブジャンルが多いねたかったり…ヨトンおよその特徴のみを記憶して、「私はので、いくつかのジャンルがいい」だけを考えてみよう。自分の好きなジャンルを明確にしておけば、フェスティバルに行くときは本当に大きな助けになる。

もっと簡単な分類のために、個人的にツスイツスイ音楽トァᇂトァᇂトァᇂトァᇂ音楽グァングァングァングァン音楽の三分類にみた。分類の基準は…私のグィダ!…ではなく、ふふふ

ツスイツスイはビートに合わせて踊りが比較的明確で簡単です。主チョムプ!チョムプ!チョムプ!このように追記良い音楽だ。

トァᇂトァᇂトァᇂトァᇂはビットもビットがなんというか…ダンスが続いつながっながら追記良い音楽だ。何かチョムプ!これではなく、適度に音に乗ってきゃ~~しながら楽しむ良い音楽?

グァングァングァングァン音楽は….音楽のビート自体がグァングァングァングァンに聞こえる。そのため、そうである。 BPMが速い、ハードスタイルをいうふふフᇂ…

上記三分類に言いにくいことはカテゴリーの区別なく少なかった。リンクが多すぎて必要だと思う映像のリンクのみ内部に挿入した。


【ツスイツスイ音楽] Big Room House:

ほとんどの人が、このジャンルを通じてEDMを接した通りだと思います。よく「昔のクラブ音楽」とされるものビクルムハウスと、ビクルムの特徴は、DROP!が確実であることである。まあ音楽が上がっが〜ドロップぽんと鳴らし!軽く小康。再び音楽が上がっが〜ドロップぽんと鳴らし!これを繰り返している。ドロップは何でしょう( ビクルムドロップ参照画像 )ここで出てくるように音楽が何か上がっが~~バタン!し飛び出るだ。どこ映像で見ると、膜のDJワウ〜呼応ドラッグ収束がバタン!放つのがありますが、それがドロップ部分である。ビクルムジャンルは曲も、DJのは、あまりにも多くのパスする。 YouTubeのを打ってみよう!その何フェスティバルで、多くの場合座ってのDJの信号と一緒にキャᆩ〜しながら走るのがありますが、このジャンルの音楽でたくさんある。笑おもしろい。


【トァᇂトァᇂトァᇂトァᇂ音楽] Progressive House:

プログレッシブハウスは…何か…うーん..少しポップが加味された感じだとべきか?主リリックス。だからシンガーが参加した曲が多いようだ。そしてドロップがビクルムほど強く入っているが、ドロップが少し存在し、強くないが、着実にビート感のある!こんな感じだ。少し…ダンスを続けていくいいべきか…? Armin Van Burenがこちらジャンルなので知っている。(検索してみるとアミン半ビューレンはProgressive Tranceジャンルとも呼ばれているようだ。)の普及音楽ジャンルだ!


【トァᇂトァᇂトァᇂトァᇂ音楽] Tropical House:

トロピカルハウス!おそらく最近最も人気が多いだろう。ない少し時期が過ぎだし、2016年前後に人気がパンパンだったようだ。少し長くしているか…もしかして、Facebookで「ボーカルのEDM音楽」で映像よく見て、何かツンチン地ながら膜音楽でヒューヒャンジ感じ出膜ヤシの木感じますなって海できゃルルクながら遊ぶ感じが地理に私場合は、それトロピカルハウスフィットします。 Kygo音楽が代表的である。ほとんどの人が好きで、一緒にキャクキャᆩ〜!ながらトィノル機よい。


【トァᇂトァᇂトァᇂトァᇂ音楽] Trance:

これはちょっと不慣れてたり嫌いの人もいるようだ。 Artyがあるが、Progressive Tranceということもあります。ああヨゴはなぜ不慣れて行うことができるとしたのかと、ここDrop部分が明確ではない。ただ曲が流れだけでつながる感じだ。流れが続くが、大きくつながり、小さく続いて、このような感じ?個人的には非常に好きです。このトランス音楽があるフェスティバルでは、実際に音楽に「取ることができる "できる。 2017ハイネケン・スタジアムでArtyが来たが、このときトランスの魅力を初めて感じた。大きく走り回りはなくても本物の音楽を楽しむことができる。


【トァᇂトァᇂトァᇂトァᇂ音楽] Techno:

実際テクノは、私が文章表現するちょっと…骨を折った… Techno自体がEDMとは別にダラは議論もあったと聞いている(カドラ通信です。でも、YouTubeでTechno vs EDMだけでみても、多くの映像が出てくる)もしかしたら私とナイト台ちょっと似てあれば、テクノ!?それ昔のクローン(クローン:DJ KOOがDJのマークである前時代…)あった時代に、その音楽じゃない!?ならそれ正しいとも答えることができて、それとはもう少し違う話することも言える。 Techno音楽は、この映像を参照してほしい(2ブンテからTechnoと、一般的なEDMを比較する音楽が出てくる。聞けば違いすぐ分かる。特に3分33秒の区間で説明するのは必ず入って見るの!)DJプレイをする私の友人によると、最近欧州の大勢はテクノという。だからそう、昨年に韓国にも初めてテクノフェスティバルであるよりプラットフォームが開催された。(たてBEPCタンジェント!!!)私が見たかった仕事のため行けなかった。しくしくしく….舞台構成がゲチョルたのにしくしく…


【グァングァングァングァン音楽] HARDSTYLE:

ふふ。ハードスタイルを大文字で書いた。ふふ…そう、ハードスタイル!フォーエバー! 150BPM!戦士たちよ!呉ㅓㅓㅓ….個人的にハードなスタイルの大ファンなので、…ふ….ハードスタイルは、上記音楽とは、その箱のが少し違う。上記の音楽が、一般的にBPMが120耳下腺ならハードスタイルはそれ以上である。音自体がとても速い。本物グァングァングァングァンたてる。少し…いや、これは含まれてなければなら知っている。 Wildstylez&Villain – Make the Crowd Move(Official Video)こんないる。ふふ…関連してしたいことがあまりにも多いのですが、真ようにする。ちなみにフェスティバルで、ハードスタイルの音楽を楽しむときは、フェンスに向かって行くのも悪くない。フェンスプロの際は、人々もあって…(本当のプロおら意味ではない)いくつかの裏側に行くとまったくスペース作成激賞する人もいる。某スィピト(スラムというべきだろうか?)をする人もいる。ふふふ…これはもう少し後で説明する。ヨトンハードスタイルは…ダイエットに最高だ。ただ与えたいハードスタイルで構成されフェスティバル行って、一日遊んでみろ(月ディペの二中一日は、ハードスタイルである。ぜひ行ってみてと)ビール飲んでみてもすぐだゴマから..うーん…ああ、脱水歳来ることもあるので、ぜひ水をよく飲むこと….笑…..


Dubstep:

暑いステップは…うーん…一応音楽聞いてみると、この暑いステップという名前自体が非常によく合っているホウ感じている。本物の暑いステップだ…なんか、聞いてみると分かるがEDMのに何かまあ..曲で、その流れが本当によく感じられる。う…これはどのように説明することがない。代表的にSkrillexがある。この音楽は、少し…フェスティバルで聞いてみると、少し」だように与えるか、または「それとも」だように軽く楽しんだり、「程度行くようだ。暑いステップ音楽で雰囲気掌握されたところ行ってみれば本当にすばらしい。特にメインステージず、お祭りでサーブステージ複数箇所運営するがありグロンデソ流す暑いステップを聞いてみると。本当に~~~暑いステップの理解を助けるために猫のビデオを持ってきてみた。


TRAP:

きゃっ!トラップである!私のハードスタイルに加えて、最も好きなジャンルである。メロギャング音ジルロト!!!!トラップは、いったんドロップが明確に存在するが、ビクルムやこんなものとは違うの、ビクルムはドロップが発光し、ツスイツスイ!このようにビットがバクジャガムよう来たならば、トラップはドロップが爆発してビットと拍子が軽くねじっれるが、そのチャルジムが本当のオれる。聞いた瞬間「あ察知だ!」感じがしています。トラップを目で理解するために、良い映像かを持ってきて見ている。 Trap Nationとトラップの音楽たくさんあげてくれるところなのに、エペク効果で映像をよくセッティングして置いて、目にも楽しい。

ふふそして代表的にMarshmelloがある。マシュマロが2017年のワールドクラブドーム(インチョン)で初めての来韓をしたが、その時、その臨場感は本当にああなって地理に巻き込まれた。みんなでマシュマロ桑を迎えどのその日…しくしく….当時月クルドムコリアでのMarshmello – Alone映像2つのリンクを持っていると見た。 ( 画像1マシュィメルロウ視野 )ふふ。第2ビデオは、ぜひ見てください。 ( 映像2の参加者の視野

ああ、Allison Wonderland(ヒップホップベースのトラップ)と2017ハイネケンスタジアムに来たDJのもある。トラップは、各DJのの基底とした音楽が何かに応じて、その感じが異なるようだ。アデルのHelloをトラップバージョンに聞いてみよう( マシュィメルロウ-ハロー


Drum&Bass:

文字通りだ。ドラムとベースがベースである。ある者はうん? EDMでドラムとベースが何が悪いの?当然だろない?こともあるだろうが。べきである。ドラムアンドベースは、従来のEDMとは感じがかなり違う。 2017年ハイネケンスタジアムで来韓をしていたNu:toneの参照画像を見てみよう。ビットというよりは何か…ただ何か音楽が速い。本物のドラムがあるからだろうか?私の音楽をよく分かるないので、より詳細な説明が不可能であるしくしく。ドラムアンドベースは昨年初めて接した個別入って見なくて、その感じをよく分からない。


短く書く書いすごく書いた。事実がEDMの種類の文は、書き込みが嫌だった。私はそれを論ずるチャムバプにならないからだ。よく知らないにもして…さて、音楽の種類を話すことなく、ようやくフェスティバルについて話すことがなかった。 ㅠㅠそれぞれのフェスティバルの特性の一つとして、音楽が大きな役割をすること〓〓ヨトン…今回の記事では、各自が自分の好みを発見して欲しい。次の記事でEDMフェスティバルでする遊びなどを簡単に紹介し、多次の記事でフェスティバルを述べている。まだ今年のフェスティバルのラインナップがあるナオンゲないので、これは何だ!と話をすることはできない、過去の経験を通しておよそは話みるだろう。

最後に、EDMすべてサーブジャンルに示すビデオがあり一つのリンクを添付している。


次の編である「たようにすれば、ジョンジェムです。 EDMフェスティバルで遊ぶ「ほうアップロードされました。

参照1。 Global Gathering Korea Time Table。ネイバーイメージ検索。

参照2。 The Sub-Genres of EDM。 Google検索。

参照3。 EDM VETS vs EDM NOOBS。 Google検索。

Advertisements

Leave a Reply

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.