トランプが消えても、トランプ注意は死なない

サタデーエディションが注目した問題

人種差別、保護貿易を前面に出した米国第一主義と各種スキャンダル、破格的な北米サミット推進まで。ドナルド・トランプ米国大統領は、予測不可能な動きで、全世界を混沌にスライドさせて入れました。自由と多様性、法治という原則に真っ向から挑戦するトランプの時代を代替どのように理解する必要がしたいですか?トランプの時代とその後の先読みのための質問を投げて答えを見つけていくブックジャーナリズム新刊「トランプ、崩壊を完成だ」の著者アンビョンジン教授に聞きました。この世界はどこに向かっているのでしょう?私たちは何ができるのか?

高速中核表示

①世界は帝国の時代から抜け出し秩序離脱の時代に入った。 ②気候変動の破局は、新しい政治秩序を求めている。 ③民主主義と資本主義の限界を超えて生態システムにパラダイムを転換しよう。

スクロールを下げる確認することができますよ

•トランプの米国と混沌の世界を理解するキーワード
•2020年、米国の大統領選挙の展望
•環境問題が政治アジェンダに転換される可能性
•韓国の市民が行うことができる、しなければなら仕事


トランプ大統領が当選したから2年が経った。過去2年間にどのように評価するか?

トランプの時代の定義をキッシンジャーの言葉の代わりにしたい。キッシンジャーはトランプの時代を「一時代の終焉を告げず、その時代の古い加飾(Pretences)を放棄するように追い込む人物の偶然の登場」と指摘している。過去2年間は、トランプが意図しなかったが、既存の自由主義の秩序を崩壊させ、その加飾を露出混沌の過程であった。

大統領になってからも候補時代と同様のようだ。変わっていない。

トランプが当選されたときに、彼の過激さは選挙の勝利のための戦略に過ぎないとし、就任後すぐに上を見つけるという予測が多かった。しかし、予測とは異なり、2018年の中間選挙の敗北後もトランプはあまり変わっていない。アメリカの社会には、優れた特質も多い拝金主義、自己陶酔、打者の麻酔、俗物欲望など否定的な特質も多い。アメリカ社会が見える最悪の傾向の終わり時王がトランプだ。トランプは、どうせ自分の熱血ファン層のために、最終的には自己満足のために住んでいる人である。怒り、皮肉、憎悪、恐怖、絶望の時代精神をファン層が持っている限り、トランプとして異なる理由がない。

トランプが上手もないだろうか?多くの人が支持する理由があるから。

"古い加飾を露出人物」とキッシンジャーの言葉にその答えがあります。トランプは顕著なポピュリストだ。トランプは、政治家の中で最も重要な徳目の一つである時代の雰囲気と人間の怒りという感情を見事に貫く先を持っている。さらにアメリカンドリームを信じていない人にトランプは自由主義秩序の甘い未来約束と加飾を爆破復古革命家だ。

韓国の立場では、二度の北米サミットに期待ほどの変化もあった。

もちろん、韓半島を生きていく立場ではトランプの長期政権を望むこともできる。現在は、デッドロックが、キム・ジョンウン委員長が、もし米国が要求したベースラインでより積極的な態度を取った場合、2020年の大統領選挙を控えて10月のの異変(October Surprise)」も有することができる。しかし、私たちは、今後トランプの気まぐれが織り成す壮大なスペクタクルイベントの後の退屈な旅はもちろん、トランプのない米国の右往左往歩みを期待する。

トランプのアジェンダに骨の深さ共感する、高卒以下の白人有権者の間でも、疲労症が現れている。聴聞会政局とミュラー特検、検察の捜査でトランプが大統領選挙前にグロッキー状態に追い込まれることもできる。

オバマ大統領という理想的に見える指導者の後継者がトランプという事実は、非常に大きな衝撃だった。

オバマとトランプほど完全に異質の存在を見つけるのは難しい。出身背景から、政治スタイル、ファッション、音楽の好みに至るまで一体の共通点がない。政治路線でも、オバマはクリントンの系譜を引き継ぐ帝国の「ダークナイト」であろうとし、トランプは、これを既得権と規定して振ってあざけりするジョーカーに近い。しかし、これらのも共通点がある。全く異なるスタイルの二大統領は下降する米国号軟着陸を準備して上昇する中国を抑制するという共通の話題を持っている。そしてオバマとトランプは革新しなければなら共通の既成秩序がある。まさにワシントン既得権である。


そう見ても、トランプは既成の秩序に過度に反する異端児だ。米国の民主主義のシステムでこのような指導者が登場したことはなかったようだ。

空の下、新しいものはない。トランプ現象の先駆者たちは、することができなく多い。少なくとも近代半ばからのみ見ても白人人種の排他性に基づく反動ポピュリズムに民主、共和二大政党制を揺るがした「1960年代のトランプ」ジョージ・ウォレスがある。反動ポピュリズムをB級ハリウッド俳優の演技力に変奏したロナルド・レーガンは、80年代のトランプだ。反動ポピュリズムに映画のストーリーテリングは、巨大な新進政治勢力を組み合わせたニュート・ギングリッチ下院議長は90年代のトランプだ。ただしトランプは、過去、これらとは異なり、既成秩序が崩壊するセギマルジョク現象のアイコンという点で、その衝撃波は計り知れない。トランプの「優しいファシズム」は、アメリカの民主主義に大きな傷を残している。

ブランチでは、ここまで公開します!インタビュー全文はサタデー版で見ることができますよ。


サタデー版は毎週金曜日の午後4時、専門家のインタビューをニュースレターでお送りします。鮮やかな経験が溶けているインタビューを購読して、毎週、読み物を充電してください!

サタデー版を購読する- https://mailchi.mp/threechairs/newsletter

Advertisements

Leave a Reply

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.