トランプ大統領とPersonality Disorder

「お父さん、私のおじさんは、代替なぜ、QI?」

「まあ、それはだ、自己陶酔的な人格障害という診断があるが.. "

(画像出典:Designed by FriendlyStock.com)

一種の緊急編成です。ドナルド・トランプ社長特集!

人格障害に関する課題をするべきなのに何がいいか悩んでいた。

何?ないし?米XX!何?一日で、またと?代替なぜこれをやっていますか?

一方で、運良くトランプ大統領がレーダー網に入ります。昨年秋<The Dangerous Case of Donald Trump>というタイトルの、非常に興味深い本(サブタイトル'27 Psychiatrists and Mental Health Experts Assess a President」がおおよその内容を教えてくれます)を触れたが、ちょっと読んで投げておきましたが… (他国の大統領の話だと..)浚渫熟考読むこと絶好の機会が来たようです。

Goldwater ruleルールというのが好きです。私もこの記事を書きながら詳細がわかりました。米国心理学会American Psychological Association、APAの倫理規定第7条のついた別名とするんですが、精神科医や相談の専門家が、自分が直接顔を合わせて診断を下されていない公認の専門的な見解を公表(診断を下す)するは非倫理的であるということです。 1964年Factという米国の雑誌が、当時、共和党の大統領候補だったBarry Goldwaterの精神的健康状態について、米国の精神科医のアンケート調査の結果を発表したことが問題となり、最終的には訴訟まで続いてゴールドウォーターが勝訴をした事件があったね。この事件をきっかけに、米国心理学会は、「精神科医が直接診療と診断を経ずに、外部に現れた姿だけで公認(特に政治家)の精神的健康の診断を下す行為」を非倫理的unethicalと明文化しています。

Rules are meant to be broken。ルールは、目を覚ましれるために存在するのです。

心理学者であり、相談家John Gartner氏は2017年の春、米国の大統領ドナルド・トランプは、米国大統領職を実行するには、深刻な精神的な疾患を患っているので、辞任することを主張する請願を提出します。ゴールドウォータールールを破ったのです。幸いなことに、彼は孤独でした。この請願は、41,000人を超える精神科医や心理学者、カウンセラーなどの精神の健康関連従事者が参加しました。さらにガートナー博士は彼の意志に共感する人々と一緒に<Duty to Warn>という非営利団体( http://www.adutytowarn.org/ )を作成し活動を続けていきます。そして、これに促された犯罪心理学者(!)Bandy X. Leeは、米国の著名な精神科医と心理学者(<Lucifer Effect>で有名なPhilip Zimbardoもし)27人の文章を集めて発刊した本がすぐに <The Dangerous Case of Donald Trump>(最近「 ドナルド・トランプと危険な事例」(チョン・ジウン/イ・ウンジ役。2018.緑の森)というタイトルで翻訳されて出版されましたね。まだ翻訳は触れませんでした)です。

ガートナー博士の主張と他の多くの精神科医と臨床心理学者たちの見解を総合すると、、およそドナルド・トランプの診断は、次のように要約されます。専門家の意見が最も多く一致する診断は(1) 自己陶酔性人格障害Narcissistic Personality Disorder、NPDです。そして(2) パラノイア人格障害Paranoid Personality Disorder、PPDとよくソシオパスsociopathないしはサイコパスpsychopathとも呼ば多く知られている(3) 反社会性人格障害Antisocial Personality Disorder、にもかかわらずDSM-5(米国心理会議診断基準)のカテゴリに含まれている正式な診断名はありませんが、私たちが通常よく使用される(4) サディスティック性向sadism診断も降ります。まあ、実際にこの程度なら…トランプ大統領は勉強するのにもちょうどいい歩く人格障害事例集 (本のタイトルの「case」は、しばしば以上の心理、精神病理からケース、ケースを意味するので、これ以上良いことはないでしょう)とすることができでしょう。診断内容について、もう少し調べてみましょう。

ナルシシズム研究で有名なクレイグメルキン博士は「病的なナルシシズムと政治>を介してトランプとナルシシズムについて話していますが、まずナルシシズムnarcissismというのが事実無条件悪いだけではないという点を強調しています。私は特別に、私は他の人よりも恩赦しゃれ。すべての人がある程度は、このような自己愛を持っているもしこれらの自己陶酔があまりに床に落ちている場合は、むしろ心の病気になることが判明し。メルキンは健康な自己愛は多少非現実的に肯定的なジャアサンslightly unrealistically positive self-imageが含まれていると話します。そして、このように適切な自己陶酔を持つ若者が不安な感情をあまり感じ、あまり落ち込んで友人ともよくやっていくという研究結果もあるそうです。何過ぎると問題になります。このように積極的な役割をする自己愛も度を超えると病的なレベルに達した場合、アメリカ心理学会(APA)で作成したDSM-5(Diagnostic and Statistical Manual of Mental Disorders、我々言葉「 精神疾患の診断と統計マニュアル」と呼びます)の診断準拠に基準して「 自己陶酔性人格障害 Narcissistic Personality Disorder、以下NPD」の診断を下すされます。 DSM-5のNPD診断基準は以下の通りです。

(1)自分の重要性について過大なgrandiose画像(例えば、自分の業績や才能を誇張したり、他の人が自分の優越を認めてくれることを期待している)

(2)無限の成功と権力、聡明、美しさ、理想的な愛のような錯覚に陥っている

(3)自分が特別だと信じて、特別な人、地位が高い人だけが自分自身を理解してくれて似合うと信じる。

(4)過剰な崇拝を要求する。

(5)特権意識を持っている。

(6)他人を搾取する。 (自分の目的のために他の人を使用する)

(7)共感能力が欠如している。 (他人の感情や欲求を認めようとしない)

(8)自慢して生意気な行動や態度を見せる。

上記基準で5つの異常が続く場合は、NPDの診断を下すことができます。そして、米国の多くの精神科医に相談の専門家がドナルド・トランプが深刻なNPDを見せているというのに同意しているという事実です。メディアに映ったトランプの姿と彼が残した数多くのツイートを思い出し見れば、必ず精神科医や臨床心理の専門家でなくても納得の甲斐がないのですか? ( 某航空会社のオーナー一家が浮かぶことも私だけではないようです)メルキン博士は病理学的ナルシシズムの中核を3Eに表現します。

Entitlement特権意識 :全世界と他人が自分に負い、自分の意志に腰曲げなければならないというように行動

Exploitation搾取 :周りの人を利用して、彼らの痛みとは関係なく、自分が特別だと感じさせる

Empathy-impariment共感障害 :自分が特別であることだけが重要であるため、他人の欲求や感情を無視する。周辺の非常に近い人々さえも。

ところが、トランプのようなケース(事例)は、サイコパス(反社会性人格障害)まで同伴される見ること多くの専門家たちの一致した意見です。 NPDとサイコパス的な気質が合わされる場合には、「 不正なナルシシズムmalignant narcissism」と見なければならないというのがメルキン博士の主張です。 「悪性自己愛」という用語は、医学的診断名ではなく、フランクフルト学派の一員であり、精神分析学者であったErich Frommが考案した用語です。先ガートナー博士もトランプ大統領がナルシシズムと反社会性人格障害を同時に持っていると診断し、The Independentに紹介された記事(Rachel Hosie、30 Jan 2017. https://www.independent.co.uk/life-style/health -and-families / donald … ident-psychologists-inauguration-crowd-size-paranoia-a7552661.html )を見てみると、臨床心理学者ジュリーにフートパラレル博士も「(トランプ大統領の)ナルシシズムが現実を眺める能力に障害を起こしていて 、それでこういう人は、 論理的に説得が不可能である 」という点を指摘しています。

「私のTwitterはあまりにも強大なっ私敵にとって真実を言うことすることができようになった」(ドナルド・トランプのツイッターの中で)

事実人格障害は、 スペクトルの概念として理解することが合っていると思います。誰ある程度あれこれ心の病、あるいは人格障害を持っていると見るのより正確な話である。その誰も完璧な性格を持っていると自信を持って話すことは難しいちゃう。 (あ、このような状況では、「自分だけは本当に賢くてオシャレ完全である」と自信を持って主張するなら…こんなのすぐNPDの特性です)DSM-5の診断準拠の中で重要に見る基準の一つが「精神的な問題が、その人が耐えなければならない社会的機能を正常に実行するのに問題がないか?」です。芸術家がNPDの問題があるとしても、彼が作業室で一日中絵を描いて文章を書いて音楽を作って、私は天才だ私の仕事は、天才的だよと自ら喜んするとしても、実際に世の中に大きな害を及ぼす危険性はないと思われます。しかし、問題は、…自己愛性人格障害とサイコパス気質を持った人が全世界にものすごい影響力を行使することができる米国の大統領に上がることは全く別の問題です。 「危ない」これが米国の精神科医と臨床専門家が金ウォータールールを破ってまで声を高めている直接の理由です。

学界の反論もありますが、これ本当にウトププです。 DSM-5を作る直接参加したアレンフランス博士は、トランプが診断基準に合わないと主張( https://www.statnews.com/2017/09/06/donald-trump-mental-illness-diagnosis/ )します。トランプの行動が「crazy like a fox?or just crazy?」かという議論(トランプと一日が遠いして戦っているニューヨークタイムズの記事のタイトルでもあります)があります。 「キツネのように狡猾に狂ったふりをするのか?ない本当の狂気のか?」は、でしょう。フランス博士の心配は精神障害を患っている人々が社会的に指導者の席に上がるのにトランプが及ぼす否定的な影響力を心配しています。少し笑っプジョ。そして彼の結論は…似たような痛みを経験した私たちには、より病気に迫ってきます。」 トランプはアメリカの人々の魂の鏡であり、私たちの内側の深いところ隠された社会的な病気が表面に現れた症状である。もちろんトランプが及ぼしたかもしれないが、我々は彼を大統領に選んだ "

深刻な精神疾患を患っている人に、バスの運転を任せません。彼自身だけではなく、他の人にも被害を与える可能性があるからです。韓半島の未来を思うままにする北米会談の成否が深刻な人格障害を患っている人にかかっていると思うと…本当に….

Advertisements

Leave a Reply

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.