事業にお金を稼ぐ方法について

周辺の会社辞め創業を希望される方が最も多く聞くの内容である。あなたの犬はすべてやった創業者として実戦洞察共有する。

1.給与生活者
– 利点はそれさえも安定した給与を着実に得ることができるというものであった公共機関ではなく、以上の50代前半であれば名誉退職をしなければならない時代だから、果たしてこれを利点として見ることができるかは、今未知数だ。だから今は、大学での進路教育をする20人19人が公企業をいくという。少なくとも定年は保障されて年金もあるからである。
– 最大の欠点は、薄給である。まさに最小限の生活を維持する費用だけ稼いでいる。ロバートギヨサキの<金持ち父さん、貧乏父さん」を見ると、それで給与を集めて貯蓄をすることが最も大きなリスクと話す。
– 何よりも月に300万ウォンずつ丸10年を集めてもソウル市内に中型坪数アパートつ購入していない。月に200をまるまる集めたなら、引退する時がようやく壁に安心して爪することができる私の家求めることだ。その後、残りの50年近い人生は再び暮らす心配する必要がしてだ。

2.フリーランス
– フリーランスの最大の利点は、どうしても時間の柔軟性がないだろうか。事実、これ大きな利点である。金持ちがお金を稼ぐと、最もしたいことは、システムがお金を稼ぐし、自分はしたいことをして余裕をもって生きることだ。つまり、時間を買うためにお金を稼ぐことだ。
もちろん仕事に値または欲が多いワーカホリックになると思う。しかし、大規模な欲なくなら自分が希望する時間帯に干渉することなく働いても給与所得水準やそれ以上に得ることが可能である。
– 欠点は、収入に限界があるという点である。システムがお金を稼ぐ仕組みを作らない限り、ほぼすべてのフリーランスは、自分の労働力を時間的に売る仕組みだ。一日に8時間、または10時間を働かせることはできますが、どうしても一日を25時間に使うことはできない。通常週60時間以上働くと3カ月以内にバーンアウトが来るようになる。
そういうわけで、自分の仕事の時間には限界があり、ほとんどのページが適正コストがあるので、売上高も限界線がある。
– 周辺で報告経験したことについての話してみようと、年俸1億程度と、フリーランスの上位5%以内に世話見る。そう見税引き後月に660万ウォンだ。成功したフリーランスの象徴でもある「月天」は、年俸約1億7千のにこの程度なら、上位1%程度ではないかである。個人的に見たとき、フリーランスで自分の分野で非常に高い評判を持っている場合稼ぐことができる上限値は、3〜4億程度だと思う。

3.個人事業者
– フリーランスでは、収益に限界がある。だから時間を超越して、より多くのお金を出すためには、時間ではなく、システムが働くことになければならない。そのシステムとは、ITを利用した自動化技術であることもありますが、通常は個人ではなく組織を意味する。 「フリーランス」と「1人企業」の違いも、最終的に一人で仕事が、システムが存在か否かの違いとも見ることができだろう。
– 従業員を置くと、売上高は、それに比例してコジョヤので序盤にはとても難しい。だから私は、通常のアドバイスするのは、年俸1〜2億レベルを目指すならいっそフリーランスや1人気アップがよいならない。個人事業者で1〜2人を従業員に置いて、その売上を出すことが、フリーランスとするよりも難しいからである。 (2人の従業員の人件費+運営費を抜いて、私月天を持って行くの売上高は月に3〜4千程度はなければならない)
– しかし、システムが整っなると、自分の時間を多着替え入れなくても、お金が入ってくる究極の魔法が広がり始めている。また、個人事業者の最大の利点は、利益剰余金を、自分が自由に持っていくの困難がないという点である。事実、他の理由だ抜いこれのために、個人事業者することだ。
– 最大の欠点は、、調達や入札市場は基本的な条件が法人である。公共や大企業に値をつけるビジネスであれば、個人事業者には、ほとんど不可能である。コマースのようなB2Cに適している。

4.法人事業者
– 最初に事業をする方が法人で始まる場合がありますが、人によって意見は異なりますが、私は反対している方だ。まず4大保険とバッジ料などだけで一度月に50程度の固定にいく敷いなければならない。そして様々な請求書や会計処理にとても時間がかかる。その総務/経理業務のみ見る専門人材が必要となりほどだ。もし国市場や入札事業をターゲットとする法人であれば提案、契約、精算人材だけヅセミョンは基本的にべきである。
– 法人の最大の限界点は、法人として設立する瞬間会社のすべての資産は、会社のもので代表とは関係のないお金ということだ。私が作った会社が、私も法人で給料を受け取る給与生活者となるだろう。会社生活が嫌い創業をしたしてからこそ、再給与生活者になって認知的不協和きた方たまに見た。
– もちろん、方法はある。給与を上げたりボーナスを受けるだろう。しかし、これも適当な線というのです。会社の売上高が10億なのに代表が3〜4億ずつ持っていくと背任ある。成功フリーランスのように3〜4億程度を受けて行く少なくとも少なくとも50〜100億程度はなっても気づいられる。
– そして、自分が株式の30%を持っていれば、毎月の収入の30%をタバクタバク持っていくだろうと思っている方、とても多いそんなない。持分は、自分が持っている法人の株式を売買する場合にのみ、収益化され、企業の売却をしたり、上場を通じて株式だけの株式を売っていない以上は、配当を介して株式数に比例して配当を受ける以上の収入はない。通帳に捺印まではサイバーマネーだ。

要約すると、自分はビジネスが体質がアンマトヌンダ方は、職場通わながら財テクをほういい。自由にしたいことながら、会社員より少しゆったり生活したい方は、フリーランサーをハシラ。何億程度以上、かなり多くのお金を稼いで今、個人事業者を先に推薦する。ところが、本人の野望が大きく、数十億、数百億、数千億の会社を作りたい場合、それは法人でなければ不可能である。しかし、目標収益額と自由度は反比例する。

上記四つあるみ立場から降りる主観的な推薦である。

Advertisements

Leave a Reply

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.