米中貿易戦争どのように仕上げされるだろうか?

中国最大の休日の一つである5.1節、労働者の日の休暇が始まった。しかし、今までのように連休が来れば、市場がそわそわするような雰囲気ではないようだ。筆者だけの感じかな?

中国の景気下降局面は明らかで、中国政府は景気浮揚のためにそれこそ裏地力、総力を尽くしている。その結果、1四半期GDPを6.4%線で守って出した。その主な内容は、ハンファ300条達する政府による大規模なインフラ投資であり、そのために、地方政府が膨大なテコンを発行すべきだったが、何とか守っうと中央政府の意志が通じた。たとえ自分の庭のためにとはいえ、このように何かをこなす政府を見るのも容易ではないことである。中国市場や経済への信頼の最も重要な引数が、中国政府の理由である。

今週北京で開催される第10回米中貿易交渉は、おそらく最終的な協議になる可能性が高い。みんなが会談の結果を見守っている。北京を訪問中のドイツ(経済部)とマレーシアの閣僚人事はすべて、米中貿易戦争が世界経済に負の影響を及ぼしていると、今回の交渉への期待感を示した。ドイツ経済相は、リョウ許副首相に米中貿易転移、ドイツだけでなく、ヨーロッパ全体の経済に負の影響を与えていると米中両国の速やかな協議を促した。マレーシアの通商産業省大臣ダレル礼金は米中二大国は自国だけでマイラ全世界の国々の責任を持つべきだと発言し、米中貿易の前に不安を示した。

4月26日トランプ大統領は、米中貿易交渉が非常にうまくいっていると発言した。トランプのこの発言は、ニューヨーク・タイムズに、米中貿易の協議が行われることと習近平の米国訪問が5、6月に驚異はないかというという楽観論を呼んだ。米国のムイヌシン財務長官は、今後2週間の交渉で、おそらく交渉を終結建てることができるという発言を4月29日にした。香港のサウスポストは早くても6月に習近コメントが米国を訪問し、協議案にサインをすることができることを報告した。今回の交渉ではなく、次の交渉で終わるとの見方もある。

しかし、中国の内部の今回の米中貿易の前に葛藤は少なくない中国の立場から、もはや退くことができないいくつかのについても共感が形成されたという噂だ。習近平主席の一対一でピーク会議で発言を見ると、知的財産権の保護、強制技術移転の禁止、補助金の制限、人民元切り下げしない方針、地方政府の国際貿易慣行に反する行政を整えるための機構などを発表した米国の要求に関係なく、中国が決定した形式を取っただけで、実際に上米国の要件を聞いてくれたことは自明である。次に、これらの米国の要求をほとんど受け入れた中国が今になって長男であることができないことは何ですか?

一度、中国はトランプとは再び交渉をしない方針を固めたようだ。体面を重視する中国としては、今回のトランプにいろいろ侮辱を受けたことやジンベない。だからといって韓国のような第3国に、自分たちがどのように行動したのかを反省する気配はない。中国は自分より力を持った相手が力で押してくる味をしっかり見たのだ。そして、その反動で、中国は力を育てる集中と思われる。

次に、今回の交渉が決裂すると、中国は交渉を放棄し、別の道を探すという言葉が、この可能性が少ないはしてもいないわけではない。相手がトランプだからだ。最後に再びドムトギを冠することが多い人だから交渉の最後一文字までに決定されるべきで習近平は動く。もし交渉が決裂すると、どのようなことが起こるだろうか?

まず、米国の対中国関税は当然維持されるものであり、時間がながら製造基盤が離脱する。外国企業は、すでに中国メーカーのメリットよりもリスクが大きくなったと考えている。特に、中国政府が首絞めハイテク企業がそうである。日本の企業が一番最初に生産拠点をベトナムなど東南アジアに移転し始めた台湾企業が後に続いた。そして、もちろん、米国企業が脱中国を始めた。

第二に、中国のハイテク技術の導入ソースが制限されるので、これは、ロシアなどの密着関係と一緒に自主技術の開発に国が全力を尽くす面が広がるだろう。一方、米国が問題視する天人計画は進行が困難になるので、中国内部の人材、内部研究開発が重要となる。そのような意味で見ると、中国が必ず華を保護する必要がすることも納得される。しかし、これまでと同じ速度の技術進展は起こりにくいので、徐々に技術競争力を喪失していく可能性がある。

したがって、中国は自国の技術者の海外進出を積極的に推進するしかないだろう。外に出て現地での技術と経験を持って来るする。米国が難しい場合は、ドイツなどのヨーロッパ諸国でなければならない。しかし、このように、先進国への進出をするには、共産党の求心力は弱体化される。また、ヨーロッパの国に出て働くほどの事業を中国企業が展開することができているのかも疑問だ。

約深く見ても、米中貿易交渉決裂後の中国の立場は苦しい極まりない。今までのような経済バルソン速度を維持しにくくなって工場の脱中国はますます中国の経済を困難にするものである。人々の期待は精一杯高まっており、貧富の差など社会統合の葛藤要素も漸増されてきている。だからなかなかすれば、米国との交渉を締結しなければならない。

交渉が締結される場合、どのような変化が来るのだろうか?一度一対一で、中国でモンなどの口語する富国強兵本およびその他の国の警戒心を呼び起こす政策を推進することは難しいだろう。反省と評価がないことができない。そして習近平はその責任から逃れることは難しい。すでに共産党内部のいくつかの不満の声がいろいろな形で突出突出出ている。

施主席に挑戦するほどの勢力は今のところ知られているものでは江沢民派閥以外ない。老朽化した江沢民主席の派閥では誰江沢民の遺産を渡し受けるかが重要である。もし彼が習近平主席に挑戦するなら、中国の政局は竜巻打つ。すでに華僑圏媒体では、人命が議論されている。

反対派が執権する場合親資本、親企業、親民間政策が展開されると予想される。そして共産党の色も赤で虹色に多様化される可能性がある。この場合、米国側からの助けの手を伸ばす可能性もある。しかし、この勢力は、これまで習近コメント派閥が国民的な呼応を受け実行してきた反腐敗運動の主な対象である。中国の内部でどのように政策、思想、システムの矛盾を解決することができるか疑問である。おそらくかなりの陣痛が伴うだろう。そして何よりも軍部が動揺するだろう。したがって、反対派の政権シナリオも容易ではない。

だから、最終的に習近平システムが継続される可能性が最も高い。しかし、習近平主席の権限は打撃を受けるものであり、後継者の指定が迅速に行われる必要がある。この後継者は、おそらく習近コメントが任期を終えるまでは、代理統治を行うものであり、就任から10年の任期を埋めるので、実際に上十数年の中国の最高指導者になるだろう。次に、現在のほとんどの政治局常務委員は、年齢上、次期になるのは難しい。実際、50代や60代前半のうち、以下のコメントが出なければだろうが、それだけの実力とベースを積んだ人物が見えない。ややもすると権力闘争が発生する可能性もある。

結局、米中貿易協定が終了すると、米国は、日常に戻ってだろうが、中国は旋風の中で安定を求めるならない。おそらく相当期間内の安定を図る手間、中国モンや一対一でのような大規模な外部への進出はない可能性が大きい。これと相反する視覚的に内部の安定を図るため、台湾の軍事力を使用するなどのシナリオがある。主に華僑圏で心配しているシナリオだ2020年の台湾総統選挙と抹茶譲っ大きなイシューになっている。しかし、米国が直ちに対応するかバー現在の中国がこのようなリスクを負うことができるとは思えない。

結局、今回の米中貿易交渉は、完全な米国の勝利である。そして、米国の勝利はすでに開始する前に決まっていた。今回のゲームは、専ら中国がどのようにれるのでしょうのゲームだった。中国は実利をすべて渡して、全世界の米国に屈服する姿を見せる以上最小限の体面を弁えなければならない。ただ、中国が体面を生かすことができる方法がよく見えない。中国が譲歩しない線が出ているが、体面を立てることができる方法が出なければなら万円満に終了することができる。 Huawei社とモンワン周に対する米国の譲歩が、その一つの方法になるだろう。

関連記事:https://brunch.co.kr/@chulrhee/33

Advertisements

Leave a Reply

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.