米国とイランの緊張局面は、新しい株式市場悪材料の負傷

歴史はまるで繰り返しでもするように、似たような状況がデジャヴのように発生したりします。最近急浮上している中東の緊張感の中に、米国がイランとの戦争を行うことができるという雰囲気がまさにそれです。過去16年前、2003年のイラク戦争の時のように言葉です。もちろん歴史は同じように繰り返されはないが、2003年のイラク戦争当時、前後の株式市場と金融市場の状況を振り返ってみる必要があります。また証券市場の悪材料として大きな負担だから…


当トランプツイート」と戦争たい場合、正式にイランの最終日である!」

中東地域は確かに複雑です。同じイスラム教徒を信じる国でありながら、利害関係の中で静かな日がありません。米国の友邦であるサウジアラビアの石油施設へのイエメン内フィフティ反乱のテロによりフィフティ反乱を支援するイランが背後に指摘され、中東の緊張感は高まり始めました。ここで、イラクバグダッド米国大使館近くでロケット攻撃が発生し、中東での戦争という言葉は、急浮上しました。

米軍12万人投入説メディアを通じて出て、これを否定するトランプ大統領の発言もありましたが、サウジアラビアとイランは「戦争は不要が避けない」というふうに強硬発言を吐き出すの中、ついにトランプ大統領が強力なメッセージをTwitterで残しました。

トランプ大統領曰」とは戦う道たい場合は、これは正式にイランの最後になるだろう。米国を脅迫するな!」

【トランプ大統領は、イランに対する強力な警告ツイートを残した。参照:トランプツイッター]

ますます高まる中東の緊張感は原油価格の不安と証券市場の潜在的な悪材料に浮上する余地が大きくなりました。それとともに、過去2003年の春、イラク戦争前後の証券市場がふと脳裏をよぎりいきました。

当2003年3月のイラク戦:額2001年911テレ直後から緊張感を形成

2003年のイラク戦争の雰囲気は、1年半前にあった2001年アルカイダの911テロ直後から発生し始めました。 911テロ直後、米国は、オサマ非ラディンとアルケニルに異なる後援していたアフガニスタンのタリバン政権との戦争を開始します。その後一ヶ月余りの後、米国がイラクとの戦争を経というニュースが登場し始めています。対テロ戦争がアフガニスタンでイラクに戦争拡大されている雰囲気だったのです。

ただし、その時点で一度、2本のワイヤを形成することができなかったブッシュ政権だったのですぐに戦争は発生しませんでした。

しかし、米国の強硬派は、対イラク戦争を続け主張しており、2002年の夏頃、イラク戦争は既成事実化されていって、カウントダウンだけが残るになりました。その緊張感の中に原油価格はソクドゥンし始め、米国株式市場と韓国株式市場は下げ相場が加速されることになります。

【2001年9・11テロ以降、2003年のイラクまで、韓国と米国の株式市場の流れ]

当時ITバブル崩壊を経験した直後の米国株式市場と韓国の株式市場は、911テロ直後、米国、FRBの急激な基準金利引き下げが直面しながら、しばらく反発場2002年の春まで続きます。韓国の場合は、2001年の911テロ以降、2002年の春までに2002年ワールドカップブームの中、株価指数が100%上昇する気炎を吐いたのですが、それ以降、イラク戦争の雰囲気が高まり、2003年3月のイラク戦争勃発直前には、「第2のIMF事態が裂ける」という雰囲気が作られるほど、金融市場と株式市場は急激に萎縮されることになります。

同じ時期、米国もイラク戦争盛り上がりの中、S&P500指数は、2002年の一年だけ23%下落する大きな下げ相場が発生しました。

当戦争と株式市場:皮肉なジレンマ。

【戦争と株式市場の中のジレンマ…写真参照:pixabay]

戦場は、その現場となった国は、恐ろしい現実そのものです。しかし、逆に戦場とは全く関係のない地域は戦争に起因する金融流動性が作る恩恵を見るされます。

(※代表的な恩恵事例は、50年代の韓国戦争当時、日本ですね。)

2003年3月20日、イラク戦争が勃発する直前の金融市場の雰囲気は非常に暗かった。

原油価格の高騰が懸念され、大中東輸出支障は、戦争の雰囲気に資金市場の梗塞の可能性など不安は高まるれ、実際の2003年春、国内証券市場参加者は、再び訪れた株価指数500p雰囲気に投資心理が急激に萎縮なりました。

しかし、むしろ2003年3月20日、イラク戦争が実際に発生した後、グローバル株式市場は上昇を作り始めました。材料の消滅、不確実性と緊張感を解消という意味で解釈されたが、これを基点に2007年までの5年間のサンスンジャンの信号弾になりました。

2000年のITバブル崩壊後の2001年に911テロの過程で基準金利を6%のレベルで1%台まで下げた米国、FRBは、イラク戦争に伴う負担のため、戦争勃発後1年が過ぎた2004年の夏になってから、金利を引き上げる開始でしたね。

これにより、急激に解けた流動性は、グローバル不動産、株式市場バブルを作るされた原因となってしまいました。

戦争が作った皮肉な株式市場のジレンマということが言えます。


当と戦争リスク:短期悪材料は正しいが…

2003年3月、当時の今現在の観点から考えてみると、

「戦争リスク別のモリブデン…」と思うこともありますが、その時点で群衆心理は今のように冷たくていました。考えてください。昨年のように株価指数が20%下落したこともなく、-50%下落した半分私の状況でした。

株式市場は、不確実性を嫌うのは、不確実性が続く場合は、証券市場に悪材料でしかありません。そして、原油価格もけいれんながら経済に負担を与えでしょう。戦争リスク、不確実性を持った悪材料であることは事実です。

ただし、過去のすべての歴史の中で、戦争と株式市場をどの流れを見せたのかじっくり考えてみる必要があります。 (※1次世界大戦直後、米国、二次世界大戦直後、米国、韓国戦争直後の日本などなど)

一方で、絶対朝鮮半島では戦争が発生した場合ならないことです。結局日本極右派が望むので、日本経済復興をさせるものなので…

2019年5月20日月曜日、今日の株式市場のトルク結論を下す全く難しいテーマでした。

lovefundイ・ソンス(ユニインベストメント代表、CIIA charterHolder)

Advertisements

Leave a Reply

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.