VR心理療法サービスの市場性

最近ハイスペックPCが必要ないスタンドアローンHMD VRクエスト、399ドルの軽い価格にもかかわらずオキュルラスRiftより改善された品質を持っているRift SなどがVR機器の普及率を大幅に向上し、これに伴うVRコンテンツ市場に肯定的な影響を与えることを期待している。しかし、市場調査会社ニュジュ(Newzoo)はVRとARゲーム市場が活性化されるには、少なくとも5〜10年程度かかると分析した[1]。これらの見通しを信頼するならVR業界は引き続き基礎体力を養いながら、別の5〜10年以上の時間を待たなければならないという意味である。 VR心理療法のコンテンツが、一般的なゲームとは別のものですが、VRやARヘッドセットの普及率に影響を受けるのでVRゲーム市場と同じ線上で仮定すると市場性がそのように明るいと見ることはできない。

次に、スペインのPsiousのようなVR心理療法業界はどのよう利益を上げているか?事実、筆者の専門性が不足して、彼らの財務関連書類を探して、それを直接確認することができる能力は、ないので、他の方法でその可能性を知ってみようと思う。方法は2つの方法を選択した。まず、各企業のウェブサイトを介して自分のコンテンツまたはサービス供給価格を確認して比較した。第二は、会社名収入(revenue)というキーワードでGoogle検索を使用して得られた結果をもとに推論してみた。現在、各企業のウェブサイトを介して調査したサービスの価格は、以下の表の通りである。

VR心理療法サービス提供会社のサービスの価格政策の比較

スタンフォード大Kim Bullock教授の2108年11月の講義によると、この分野に最も活発に活動している会社は、スペインのPsiousと呼ばれ、加入者が約800人に達するという。 Psiousのサブスクリプションのサービスの中でprofessionalが月に99ユーロを受けているが、これを基準にして、800人の購読者を想定みても年11億5千万ウォン程度の売り上げが発生すると見ることができる。事実professsionalとplatinumの価格差があまりなく、basicは価格がprofessionalの半分以下であるため、11億5千万ウォンもかなり後に計算された売上高とすることができる。筆者が把握できない他のオンデマンド制作や共同研究を通じて、収益を出すこともあるだろう。世界最大ITメディアテッククランチ(Techcrunch)のデータベース・プラットフォームである「クランチベース(Crunchbase)」によると、psiousの年間売上高は350万ドル、すなわち約39億ウォンに達するという。コンテンツを購読サービスによって計算した金額とは多くの違いがありますが、2013年に設立された会社としては堅実な成長をしたことがありますが、革新的な成功を成し遂げたとは言い難い。同じソースから1996年に創立したアメリカのVirtually Betterを見ると、年460万ドル、すなわち約51億の売上を出すならない。ただしVirtually BetterはVRシステム販売だけでなく、カウンセリング、治療サービスとの共同研究を兼ねているので、純粋にVRシステム販売のみ収めリン売り上げがない。 AppliedVRは、現在パイロットサービス中であるが、複数の大学との共同研究をしているので、これにより、約300万ドル、すなわち34億ウォン程度の年収を上げているものと思われる。

このような情報を総合して見ると、まだVR心理療法サービスでしっかりとした売上高を出している会社は、ないものとみられ、オンデマンドサービスの開発、カウンセリング、共同研究などを通じてジュスイクを出していると思われる。今後VR鑑賞機器が国民に普遍的に普及してVR心理治療が円滑になるまで5〜10年程度がかかると仮定すれば、その時期まではVR心理療法サービスだけでは十分な収入を作るにくいので、別の主な収益源が必要であると結論することができる。

[参考資料]

[1]李大浩ジャーナリスト、 仮想・拡張現実ゲームは、少なくとも5〜10年後にピーク、デジタルデイリー、2019.03.31

[2] https://www.crunchbase.com

[3]各企業のウェブサイト参照

Advertisements

Leave a Reply

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.