[VR] 360度ビデオvs. 3D空間コンテンツ

最近大勢はVRです。

フェイスブックが買収したオキュルラスからは、Googleのカードボード、HTCのViveまで。

あちこちVRニュースが聞こえてきています。サムスンのギアVRは言うまでもないんです。

リアリティリフレクションでもVRでゲームを開発していること、みんな知っている?

さて、皆さんはVR体験だみましたか?映画マトリックスのようなそのような経験、多ました?

私はVR会社に入ってきて機会が起こるとすぐ家族、友人にギアVRを紹介しました。

私見せてくれたのはニューヨーク・タイムズから更新され作ったVRコンテンツでした。

https://youtu.be/FYP95WJmW3o

ニューヨーク・タイムズ- Man on Spire。マウスで両脇を動かしながら360度を見ることができています。

私と同じようにみんなすごく不思議でした。 「わぁ」こんな感じ?

ギアVRを使ってみると、頭が動く方向に合わせて360度のコンテンツを見ることができますね。

ほとんどのVR体験ヘボシン方は、360度のビデオを初めておショトウルんです。

さて、私の友人の一人はこう反応しました。

に、これは何?コレだけ2Dビデオじゃない?私考えたVRはこれじゃない!

私の友人がこのように感じたのはなぜでしょうか?この記事は、ここから始めましょう。

私の友人は、VRの経験を思い出したとき、3D空間を構築しておいたコンテンツを想像したので

360度のビデオは、私の友人が考えていたVRの経験がなかったんです。

さて、360度ビデオコンテンツと3D空間コンテンツは、何他のでしょうか?

VRを初めて人なら、時には360度ビデオコンテンツと3D空間コンテンツをこんがらかったりしている。

誰にとって二コンテンツの両方VR経験ですね。

しかし、二人は作る過程から使い道までに、完全に他のコンテンツです。

この記事では、この二つのコンテンツがどのように違うのか、どのような長所と短所があることをお知らせしますね!

360度ビデオコンテンツ-映画のようなVR

事実、コンテンツを制作する立場から見ると、

二コンテンツは、最初から完全に別の開始点から出発しています。

360度ビデオカメラを基準に360度見える風景を撮影した動画です。

いわばパノラマ写真のように風景を広く撮影カタパルト。

360度ビデオの場合は部屋の両側に、また上下に撮っ

端と端を引き続き付けて丸い球状に作っておいたんです。

基本的には奥行き情報がなく、2次元の画像を続いて作成された紙のボールのような概念と見ればなりません。

VRヘッドセットを使って360度動画コンテンツを視聴するまるで自分がカメラの位置にあるかのように見ることができますよ。いわば丸いジムボル中に入って、コンテンツを見るカタパルト。

ジムボルの壁に引き続き、カメラが撮影した360度のビデオが投射されているんです。

そのため、ユーザーの位置は、カメラの位置に固定されています。

もし360度ビデオコンテンツを作成中、カメラが動いていた場合、ユーザーが見るコンテンツも一緒に動いて。

まるで映画のように監督が撮った映像に合わせて、ユーザーは受動的に映像を見ることになるでしょう。

映像が360度押されており、下の土地を見たり、後ろに見える風景を見ることができるように首を回すことができますが、

体はカメラの位置に固定されている状態です。

まるでカメラの背後に背負われているものとライクス。

パノラマ写真の端と端を引き続き見ると考えてみてください。

360度ビデオコンテンツの利点は、撮影を通じて高画質の写真を

見るのと同じ没入感を感じることができることにあります。

また、ユーザーの位置がカメラに固定されていることを利用して、ユーザーに見せたいコンテンツを

限定して示すことができるということもストーリーテラーは利点になることがあるでしょう。

https://youtu.be/m9pbCzUPmY8

360度ビデオを利用したスポーツコンテンツ

奥行き情報がないため、主に深さが大きく差がないように離れている風景、

あるいは見どころが多くライブ放送コンテンツとして使用している。

特に要塞は、リアルタイムのスポーツ中継放送で360度のビデオを多く使用しています。

3D空間コンテンツに比べて製作コストが安いということも利点の一つです。

演算能力(computing power)が高くなくても、コンテンツを楽しむことができ、携帯電話VRで簡単に接することができているんです。

3D空間コンテンツ-ゲームのようなVR

3D空間コンテンツは、少し違います。

3D空間コンテンツは、ゲームやアニメのようで

仮想の3D空間に3Dモデルを配置しておく作業から開始なりません。

中に入る物体と背景の両方の3Dモデルで構成されていますよ。

360度のビデオが2Dに続いて付けたものであったなら、3D空間コンテンツは

仮想空間に3次元物体が配置されているコンテンツと見ればなりません。

最も大きな違いは、360度のビデオコンテンツでは、ユーザーの視点がカメラに固定されていたのとは異なり

3D空間コンテンツは無限に視点を変えることができるという点です。

(VRヘッドセットがコンピュータに接続された線につまずいますが、場合ですよ)。

3Dゲームを考えて見ればですよ。要塞人気のゲーム、オーバーウォッチみんなご存知でしょう?

オーバーウォッチはキャラクターが動く方向と角度に応じて視点が継続して変わっでしょう。

3D空間コンテンツもユーザーの動きに応じて視点を変えることができます。

https://youtu.be/Qo02MUkaIH4

ゲームオーバーウォッチのオアシスマップを巡る動画

ゲームをヘボシン方ならキャラクターを操縦しながらゲームの背景と視点も多変わることがわかりますよ。

頭の角度から、歩くときまで、すべての現実の私達が見るようにね。

ところが、3D空間コンテンツを構成する3Dモデルは、360度のビデオに比べて非常に多くの情報が含まれています。 3Dモデルは、基本的に物体の構造や形状を示して骨格とそのスケルトンの上に覆われたイメージで構成されています。骨組みは面をつなぎ合わせて作る粘土のようなものであるため、一つの面ごとに保存する情報が多いです。

3次元での位置情報が含まれていますからね。

さらには、骨組みの上に覆われた画像も一枚ではなく、複数枚で構成された場合は多いです。

色情報、光反射情報、素材情報などのイメージマップを作成、複数枚を着るべき

さまざまな角度から完成度の高い3Dモデルが出てくるんですよ。

そうしたらコンテンツを作成するために時間、お金、人材が多くドゥルオガジョ。

オーバーウォッチキャラクター「ディーバ」3Dモデルとイメージマップの例

歌姫の3Dモデル=骨組み+画像メプドゥル
歌姫のイメージマップ- (左から順に)色情報マップ、光反射情報マップ、素材情報マップ

3D空間コンテンツの利点は、深さ情報を持っているということにあります。

物体が生じた様子を前面から、背面からも見ることができ、自由に歩くことができのです。

自由であるので、クエストとか目的を達成するために、ゲームの一環として、ストーリーを作るに良い。

しかし、3Dモデルが作成するためにコストがかかるだけでなく、ほとんどのコンテンツは、

高い演算能力とグラフィックスを必要としてみるとPC VRのみ体験が可能だという欠点があります。

データを減らすためにテクスチャや骨組みを簡素化してみると

実際同じより人工的な感じがかかることも欠点の一つです。

多くの場合には、人工的な感じを生かし、ユニークなアートコンセプトの3D空間コンテンツを作ることもたら、

欠点イラゴマンはできないけどね。

この両方を見やすく比較した資料があって共有みましょう。

出典: http://www.videoedge.net/news/expertise/whats-difference-between-360-degree-video-and-virtual-reality/360121

最近では、360度のビデオコンテンツの高解像度の画像テクスチャ、

そして3D空間コンテンツの奥行き感の両方を満足させるための方法も生まれています。

Depthカメラを利用して風景全体を360度ビデオのような撮り方が、そのいずれかです。

https://youtu.be/DFobWjSYst4

CES 2017 -の実際のベトナムでdepthカメラを使って作成された3D空間コンテンツ

リアリティリフレクションの社内スタジオで人や物体を3Dスキャンして

3Dモデルにする方式も3D空間に実際の物体モデルを位置させることがあるんです。

この方法は、発展普及になれば、実生活の多くのスペースがVR中に再現することができると思います。

さて、360度ビデオコンテンツと3D空間コンテンツが区分が行きますか

両方のコンテンツすべて各自の没入感と魅力があるという事実を、忘れないでください!

VRのコンテンツを区別時この記事を参照してください!

リアリティリフレクションでもVRコンテンツの魅力を
最大限に生かすことができるゲームコンテンツ作成のために悩んでいるよ!

この記事は、 RRに関連するトピックであるゲーム、VRは、Techについての興味深い内容を共有するために作成ました。
この記事が良かった場合は、他の文等も読んでみRRのパブリケーションを購読してください!

Advertisements

Leave a Reply

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.